本田圭佑、まさかのメキシコ・パチューカ移籍! 「予想できなかった」「これは意外」

本田圭佑がメキシコ・パチューカ移籍を発表 じゅんいちダビッドソンも興奮

記事まとめ

  • サッカー日本代表FW本田圭佑が、メキシコのパチューカに加入決定とツイッターで発表
  • パチューカはFIFAクラブW杯に出場、元日本代表監督ハビエル・アギーレ氏は元監督
  • じゅんいちダビッドソンも「応援いこー」と興奮、欧州以外のクラブ加入に驚きの声も

本田圭佑、まさかのメキシコ・パチューカ移籍! 「予想できなかった」「これは意外」

本田圭佑、まさかのメキシコ・パチューカ移籍! 「予想できなかった」「これは意外」

本田圭佑、まさかのメキシコ・パチューカ移籍! 「予想できなかった」「これは意外」の画像

サッカー日本代表FW本田圭佑(31)がメキシコのパチューカに加入することが決定した。自身のツイッターで2017年7月14日に発表した。

パチューカはFIFAクラブワールドカップ(W杯)への出場経験がある北中米の名門で、インターネット上では「クラブW杯で見たい!」との声があがった。一方、本田はこれまで欧州の強豪クラブでのプレーにこだわり、メディアでも「メキシコ」という見方は皆無に等しかったこともあり、「予想できなかった」と驚きも出ている。

パチューカのユニフォームを手に持つ動画を投稿

本田はツイッターでパチューカと契約した旨をメキシコの公用語であるスペイン語で報告。クラブのフロント陣と並び、ユニフォームを手に持つ動画を同時に投稿した。パチューカの公式ツイッターも「先ほど、新たな補強として本田圭佑との契約を結んだ」として書面にサインする動画を投稿している。

パチューカは1901年創設の名門。北中米サッカー界屈指の強豪で、大陸別の代表クラブが出場して世界一を決めるクラブW杯出場経験もある。今季も4月にCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグで優勝し、12月に開催されるクラブW杯出場が決定した。また、元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏も、かつてパチューカの監督を務めていた。

本田は17年6月末でイタリアの名門ACミランとの契約が切れ、7月から所属クラブがない状況が続いており、去就が注目されていた。7月初旬にはトルコのガラタサライと契約交渉していたが合意には至らなかったとの報道もあった。

じゅんいちダビッドソンも「よし応援いこー」

所属が決まったことでツイッター上では

「スタメンで出れる所ならどこだって良いと思うよ」
「ワクワクするやん」
「本田らしいというか」
「なんとも、らしい感じがしますね」

と前向きに受け止める声が多く出ている。

本田のものまねで有名なお笑い芸人・じゅんいちダビッドソンも「すぐ時計をパチューカの時間に合わせますね!」「よし応援いこー」と興奮した様子で連続ツイートした。

一方で本田は欧州ビッグクラブでのプレーへのこだわりを示すことが多く、4月には同じ北米の米国シアトル・サウンダーズが有力候補との報道もあったが、この時も移籍は決まらなかった。そうした情報が飛び交っていた本田が新天地にメキシコを選んだため、ツイッター上では驚きの声もあがっている。

「パチューカは予想できなかったわ」
「本田の新天地パチューカ??? まじかよえええええーーーー」
「凄く思い切った決断だね」
「本田圭佑の新天地がメキシコの名門パチューカだって ヨーロッパかアメリカかと思ってたからこれは意外」