RIKACOの「愛」にネットあ然 「息子の財布チェック」は「過干渉」

RIKACOの「愛」にネットあ然 「息子の財布チェック」は「過干渉」

RIKACOの「愛」にネットあ然 「息子の財布チェック」は「過干渉」の画像

母の愛か、過干渉か――。タレントのRIKACOさん(51)の「子供の財布をチェックし、お金を補充している」という教育方針をめぐり、ネットが盛り上がっている。

きっかけは、2017年7月13日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)での発言だった。

薬丸「もうチェックしない方がいい」

番組コーナーでは、俳優の中尾彬さんと池波志乃さん夫妻の「ルール」を紹介していた。その中で、「妻は夫の財布の中身をチェックし補充」というものがあり、中尾さんは、「自分の家にいくらあるか知らない」「財布を出して置いておいたら、(志乃さんが)男が恥をかかないくらいの金額を入れておいてくれる」と話す。

カードもあるが、現金主義のため「こんなに使えないよ」というくらいの金額が補充されているそうだ。

スタジオは一様に驚いたが、隣にいたRIKACOさんは、

「上の子はもう20歳超えているのでしませんが、下の息子は10代なので、息子のお財布はチェックしますよ。足りなかったら困るだろうなと。(中尾さんと)額は違うけど3000円くらい入れておきますよ」

と、告白した。

RICAKOさんの次男については、2014年12月のブログで「次男も16歳」とつづっており、現在19歳前後とみられる。

MCのフットボールアワーの後藤輝基さんが「チェックするんですか? (息子さんは)もう結構な年齢でしょ?」と聞くと、「しますよ。チェックじゃなくて『補充』です。明日困るだろうなって」と、キッパリ。

同席していた薬丸裕英さんから、「それはもうチェックしない方がいい」と言われるも、最後まで納得はしていない様子だった。

番組放送後には、この「お財布自動チャージサービス」について、ネットではさまざまな意見が交わされている。

「過干渉だよこんなの」

ネットの掲示板やYahoo!ニュースのコメント欄などでは、

「芸能人の金銭感覚っておかしい」
「良き母と疑うことなく 堂々たる発言...観てましたよ。ズレてますね」
「足りなくて本人が困るくらいでいいんだよ。庶民の感覚とは違うのか」
「こうやってダメな2世タレントが出来上がったりするのか...」

など、世間との「ずれ」を指摘する声が大半だ。

さらに、

「未成年とはいえ、財布なんてプライバシーに関わるものを勝手に親にチェックされてるなんて私が子どもなら絶対いや」
「過干渉だよこんなの」
「親と言えど、勝手に財布開けられるとか絶対にない」

と、子供の立場からすればプライバシーの侵害ではないのか、という意見も少なくない。

芸能人の教育方針をめぐっては、これまでも「炎上」がたびたびあった。

たとえば、アーティストのhitomiさんが、2015年9月21日放送のバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)で、「調子に乗るなよ」など、子供を強い口調で一喝するシーンや、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、2016年2月25日の東京新聞のコラムで書いた「ルールを守らなかったため、長男のゲーム機をバキバキに折った」というエピソードが、記憶に新しい。