ワンオクTaka「悲しすぎて。もう空っぽ」 リンキン・パークのチェスターさん死去

ワンオクTaka「悲しすぎて。もう空っぽ」 リンキン・パークのチェスターさん死去

ワンオクTaka「悲しすぎて。もう空っぽ」 リンキン・パークのチェスターさん死去の画像

世界的人気の米ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカル、チェスター・ベニントンさんが亡くなった。41歳だった。現地時間2017年7月20日、米メディア「TMZ」などが報じた。

日本でもファンが多いバンドであり、報道によると死因が自殺とみられていることもあってインターネット上で衝撃を与えている。11月には日本でのライブが組まれており、対バン(共演)予定の「ワンオクロック」ボーカル・Takaさんは「僕らがバンドをやる理由を作ってくれた人」とコメントした。

11月に日本公演を予定

TMZ報道などによると、ベニントンさんはロサンゼルスの自宅で20日朝(現地時間)、家族の外出中に、首をつって亡くなっているのが発見された。記事では、ベニントンさんは薬物中毒やアルコール中毒に長年苦しんできたとし、幼少時に受けた虐待のために自殺を考えたと過去に述べていたとしている。

バンドメンバーのマイク・シノダさんは訃報を受け、「ショックで悲しみに暮れている。でもこれは事実なんだ。公式の声明は近いうちに発表する」とツイートしている。

リンキン・パークは、00年にアルバム「ハイブリッド・セオリー」でメジャーデビューすると、たちまち世界的に支持を得た。その後も03年のアルバム「メテオラ」をはじめヒット作を連発。ヒップホップやラウドロックなど多様な音楽を取り入れながらも、強烈なシャウトから温かいクリーンボイスまで多彩に歌い分けるベニントンさんの卓越したボーカルが、バンドの大きな魅力の1つとなっていた。

リンキン・パークは11月に日本公演を予定しており、ワンオクロックとの共演が決まっていた。Takaさんはインスタグラムで「悲しすぎて。もう空っぽです。まだ信じられない。もうすぐ会えると思ってたのに。彼は僕らがバンドをやる理由を作ってくれた人。残念でたまらない。でも彼はいってしまいました。彼の家族!メンバー!彼に関わる全ての人々に愛を送ります!そして心からご冥福をお祈りします」「あなたはいつも僕の心の中にいます。本当にありがとう、チェスター」と追悼した。

「あの声が2度と生で聴けなくなるなんて...」

GLAYのTERUさんはツイッターで「チェスターが」と投稿。泣き顔の顔文字を添え、言葉が見つからないようだった。

マキシマム・ザ・ホルモンのボーカル、マキシマムザ亮君さんは、バンド公式ツイッターを通じて「クリスコーネルに続きリンキンのチェスターまで...。マリオカートのスターロードのように、キラキラ輝いてる道ほど常に真っ暗な死が隣り合わせに存在している。俺も落ちそうになる時、ハイロウズのこの歌を口ずさむ」として、ザ・ハイロウズ「ミサイルマン」の歌詞も添えた。名前が出てくるクリス・コーネルさんは米ロックバンド「サウンドガーデン」のボーカルで17年5月に死去。首をつって自殺したとされている。ベニントンさんが亡くなった7月20日はコーネルさんの誕生日だった。

ツイッター上では日本のファンからもベニントンさんに続々と追悼コメントが寄せられている。

「まってリンキンのチェスター亡くなったの......?嘘しんどい...」
「あの声が2度と生で聴けなくなるなんて...綺麗な声が大好きだったなぁ」
「チェスターに元気もらった人達がたくさんいるのに、その本人が救われなかったなんて そんなん哀しすぎる」
「全然信じられへんし、普通に信じたくないけど、チェスター安らかに眠ってほしい」