【高校野球選手権】東東京大会の準々決勝で東亜学園が9回2死から大逆転し修徳下す

記事まとめ

  • 第99回全国高校野球選手権東東京大会の準々決勝、東亜学園対修徳の一戦
  • 8回裏を終え、7対1と修徳が大量リードし、試合はこのまま終わるかに見えた
  • 6点を追う9回表、東亜学園は2死2塁から7連打し9得点を奪い、10対7に逆転

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております