千秋楽終えた勸玄くんに「ご褒美なにがいい?」 海老蔵に返ってきた答えは...

千秋楽終えた勸玄くんに「ご褒美なにがいい?」 海老蔵に返ってきた答えは...

千秋楽終えた勸玄くんに「ご褒美なにがいい?」 海老蔵に返ってきた答えは...の画像

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、東京・歌舞伎座での公演「七月大歌舞伎」を千秋楽の2017年7月27日までつとめあげた長男・勸玄くんを「たいしたもんだ」と労った。

海老蔵さんは同日のブログで、勸玄くんに関する記事を複数投稿して喜びを表現。一方、自身にはアクシデントが発生していたようだ。

「一度も嫌とも言わず 勤め切った」

「七月大歌舞伎」は海老蔵さんが座頭をつとめ、3〜27日に開催。4歳の勸玄くんは、史上最年少で「宙乗り」に挑戦した。

6月22日に他界した母・小林麻央さんも生前16日のブログで「心配ですが、本人は飛ぶ気のようで 皆様 ぜひあたたかくご観劇、見守って頂けましたら幸いです」とつづっていた中、勸玄くんは海老蔵さんとともに見事成功させた。

海老蔵さんは千秋楽27日の夜のブログで、公演をつとめ上げたそんな息子の成長を噛みしめていた。

「25日間の公演 1日お休み 24日間 セリフも間違えず飛びおえた... 涙 よかった 一度も嫌とも言わず 勤め切った たいしたもんだ」

その数時間後のブログでは親子のほほえましい会話を紹介。「ご褒美なにがいい?とカンカン(編注:勸玄くんの愛称)に聞いたらなんて答えたと思いますか?」とし、返答は「あーてて」だったそう。

首にコルセットのようなもの

一方、海老蔵さん自身は「ちなみに私はしばらく こんな感じで生活します」として写真を掲載。笑顔だが首にコルセットのようなものを巻いている。

27日の別の更新では、「頚椎がやばかったらしい」と報告。トレーナーから舞台を休むよう言われたといい「毛をふるの激痛でしたが そんなこと言ってられないし とりあえずやる、的な、笑」と痛みがありながらも舞台に上がり続けたという。千秋楽を終え「今だからいえる笑」ともつづっている。

また、同日21時すぎの更新では「今日も大勢の方々が歌舞伎座の楽屋口に」来て激励を受けたという。そこで「思わず涙が流れた」として、麻央さんを思ってか、こうつづっていた。

「涙が流れない日はあの日からない ないが 悲しいのではない ただなにか感情にふれるのです。ありがとう ありがとうございます」