NMB須藤、「結婚宣言」の落とし前は? 「ドイツで博士号取ってきます」

NMB須藤、「結婚宣言」の落とし前は? 「ドイツで博士号取ってきます」

NMB須藤、「結婚宣言」の落とし前は? 「ドイツで博士号取ってきます」の画像

「結婚宣言」の末に2017年8月末にNMB48を卒業することが決まった須藤凜々花さん(20)が、卒業後にドイツに留学する意向を示した。大阪・難波の「NMB48オフィシャルショップ」店内に張り出されたメッセージで明らかにした。

日ごろから「将来の夢は哲学者」と公言している須藤さん。メッセージでは「私はドイツで博士号を取ってきます」とあり、ドイツで哲学を本格的に勉強する考えのようだが、大学受験や婚約者との関係など、乗り越えるべきハードルは多そうだ。

結婚時期は「いつでもできる」「相談して決める」

メッセージはNMB48の3枚目のアルバム「難波愛〜今、思うこと〜」が8月2日に発売された記念に、須藤さん以外の選抜メンバー17人分とともに店内に張り出され、店の公式ブログにも掲載された。

須藤さんのメッセージでは、

「NMB48に出会うことができて本当に良かったです。ここには愛しかなかったです。愛はここにしかなかったです!!」

と活動への感謝を述べながら、

「私はドイツで博士号を取ってきます」

と結んだ。

須藤さんは「結婚宣言」直後の6月21日にスポーツ各紙と会見。各紙によると、須藤さんは哲学者になるという夢は変えず、大学に行く計画については「個人的には」あり得るとする一方で、タレント活動についても「その選択肢もある」としていた。結婚の時期については「いつでもできる」「相談して決める」などと説明していた。