「シン・ゴジラ」第3形態が咆哮! リアルすぎるフィギュアが販売

「シン・ゴジラ」第3形態が咆哮! リアルすぎるフィギュアが販売

「シン・ゴジラ」第3形態が咆哮! リアルすぎるフィギュアが販売の画像

2016年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明監督)に登場するゴジラの第3形態が、フィギュアになってバンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で販売される。サイトでは2017年8月4日、予約受付が始まった。

価格は1万9980円

同サイトで販売されたのは、「東宝30cmシリーズ ゴジラ(2016)第3形態」と、「デフォリアル ゴジラ(2016)第3形態」の2つだ。

「東宝30cmシリーズ」は、「シン・ゴジラ」に登場するゴジラの第3形態を忠実に再現した。劇中のゴジラは東京・蒲田に上陸した際の第2形態から、後ろ足で直立し、新たに前足を生やした第3形態に進化した。上半身を起こし立ち上がった際の体勢など、細部までリアリティが追求された。全高は約29センチで、全長約48センチ。

「デフォリアル」では、そんなゴジラ第3形態を「デフォルメ」で再現した。全高約11センチ、全長約10センチの2頭身。咆哮シーンのゴジラがコミカルな造形で作られているが、しっぽや背びれ、歯の造形などリアルに再現されている。

価格は、「東宝30cmシリーズ」が1万9980円(税込)で、「デフォリアル」が5940円(税込)。

詳細は、プレミアムバンダイの公式サイトから。