黒柳徹子、誕生日会は「特にやらない」 その理由とは

黒柳徹子、誕生日会は「特にやらない」 その理由とは

黒柳徹子、誕生日会は「特にやらない」 その理由とはの画像

2017年8月9日、女優の黒柳徹子さんが誕生日を迎えた。

この日、インスタグラムにはお祝いのケーキやプレゼントの写真が公開され、感謝の気持ちをつづるとともに、「8月9日」に対する思いも語った。

黒柳さんと一緒の誕生日が私の自慢

この日は、9月末から「EXシアター六本木」で始まる舞台の顔合わせだった。誕生日ということで、稽古場には、お祝いの花やケーキが届いたという。

徹子さんは、「8月9日は、長崎に原爆が落ちた日なので、私自身は、毎年、誕生会などは、特にやらないことにしています」と、ポリシーがあることを伝えたうえで、

「インスタグラムでも、たくさんのお祝いのコメントを、いただきました」
「こうやって、私の誕生日を覚えていてくださってることに感謝します。ありがとう」

と、感謝の思いを述べた。

公開から15時間後には「いいね!」は5万件を超え、コメントも1000件を超えている。(10日11時時点)

そのほとんどは、

「お誕生日おめでとうございます」
「私も8月9日生まれ。黒柳さんと誕生日が一緒ということが、私の自慢です」
「いつもステキです」
「女性としても国際人としても、とっても尊敬しています」
「いつも元気と勇気をもらっています。おめでとうございます」

といった祝福のコメントだ。

母は終戦記念日生まれです

他にも、

「私の誕生日は広島原爆の日です。毎年複雑ですが、生まれたことに感謝の気持ちを持って、静かにお祝いします」
「私の母も、徹子さんと同じ8月9日生まれで、原爆が落ちた日だから自分のお祝いはしなくていいのだと、同じことを言っていました」
「私も8月4日生まれで母は終戦記念日生まれです。複雑な気持ちもありますが、産んでくれた母に感謝しています」
「息子(9日生まれ)にとっては大切な日で変わりはないので祝ってあげてます」
「どんな日でもやっぱりお誕生日はお祝いしたいです おめでとうございます」

などと、誕生日が歴史的な日と重なった人やその家族からの意見も多く寄せられている。