品川、鈴木砂羽と笑顔でツーショット 「俺は土下座させられたことない」

品川、鈴木砂羽と笑顔でツーショット 「俺は土下座させられたことない」

品川、鈴木砂羽と笑顔でツーショット 「俺は土下座させられたことない」の画像

お笑いコンビ、品川庄司の品川祐さんが、2017年9月18日、ブログとインスタグラムに、女優、鈴木砂羽さんとのツーショット写真を公開した。

鈴木さんが主演と、初演出を務めた舞台「結婚の条件」を観に行った際に撮ったもので、笑顔の鈴木さんの写真とともに、舞台の感想もつづっている。

「砂羽さんの笑顔みれて安心しました」

写真は、劇場の楽屋と思われる場所で撮られたもの。鈴木さんはスウェットというカジュアルな服装で、笑顔でピースサインをしている。

品川さんは、

「イロイロとあったけど舞台の出来は良かった。急遽、代役で主演された方はどの人か分からないぐらい。セリフ量ハンパないしテンポも早いし、どの役だったとしても、2日で憶えるの凄いよ」

と、舞台の出来栄えを絶賛。

また、「砂羽さんも元気そうだった。少なくとも、俺は土下座させられたことない」と、最近の鈴木さんへの報道に対する「反論」も。

インスタのコメント欄には、

「元気そうでよかった」
「砂羽さん頑張れ!」
「砂羽さんの笑顔みれて安心しました」
「砂羽さん、いろいろあるけど、周りの意見に負けずに頑張ってね!」
「品川さん投稿ありがとうございます」

など、鈴木さんのファンから鈴木さんへの「励まし」と、アップした品川さんへの「お礼」で埋め尽くされている。

鈴木さんのインスタは、9月11日で更新が止まっているが、品川さんの投稿に対しては、「落ち着いたら呑もうね〜」と、返信している。

女優2人が「土下座」強要されたとし降板

舞台「結婚の条件」は、劇団クロックガールズ 第15回本公演作品。鈴木さんが初の演出を務めたが、 開幕直前で2人の女優、鳳恵弥さんと牧野美千子さんが降板。鈴木さんから土下座を強要されたり、罵声を浴びせられたりしたことが降板理由としたが、鈴木さん側はこれを全面否定。騒動は泥沼化していた。

急きょ代役を立てる形で、11日に「新宿シアターモリエール」で幕を明け、18日、全10公演を終えた。

11日、鈴木さんは自身のインスタに、

「カンパニーの結束度マックス イイもん創ることしかアタマにない!!」
「ワタシの初演出、皆さまぜひ観にいらしてください!!」

と、劇団員たちとの集合写真をアップしていた。