【締切間近】東京都がパラスポーツを応援したくなる音楽や映像作品を募集

【締切間近】東京都がパラスポーツを応援したくなる音楽や映像作品を募集

【締切間近】東京都がパラスポーツを応援したくなる音楽や映像作品を募集の画像

東京都は、パラスポーツ(障がい者スポーツ)を応援したくなる音楽や映像を公募する「BEYOND AWARD 2017」作品の応募受付を2017年9月6日に開始した。

スマホで撮影した映像もOK

スマホで撮影した映像や、弾き語りの作品など、表現の方法は自由だ。年齢・職業・国籍関係なくだれでも応募可能だが、未成年の応募には保護者の同意が必要となる。

募集する作品の部門は、音楽部門と映像部門の2つに分かれている。それぞれ一次審査を通過した作品は「TEAM BEYOND」公式ウェブサイト上に公開される。そこから審査会により最終審査候補作品を決定。ウェブサイトにて最終審査候補作品の発表とウェブ投票を実施し、ウェブ投票も加味して受賞作品を決定する。

賞は各部門、最優秀賞(1人)、優秀賞(1人)、オーディエンス賞(2人)、ファミリー賞(1人)、入賞(10人)が設けられている。このほか、東京都知事賞を予定しているが、賞及び受賞者数は増減する可能性がある。

音楽部門のテーマは、「パラスポーツを応援したくなる音楽」。テーマに沿ったオリジナル未発表の作品であり、曲の長さが30秒以上360秒以内のものが審査対象となる。

審査員は、パラ陸上競技(走高跳)の鈴木徹選手、パラ射撃の田口亜希選手、J-WAVE編成局長の神田竜也氏、音楽バンド「ピチカート・ファイブ」3代目ヴォーカリストの野宮真貴氏、東京藝術大学副学長の松下功氏。

音楽部門の旗振り役を務めるミュージシャンのKenKenさんは、

「音楽が誰かのヴァイタリティになるって素晴らしいこと! 自分の中の熱い思いを思いっきり曲にぶつけてください。」

とメッセージを寄せている。

最終審査候補作品の応募者は、2017年10月21日〜10月22日に開催される音楽フェス「渋谷音楽祭」のステージにて曲を発表する機会がある。

音楽部門の詳細はこちらから。

審査員には「シン・ゴジラ」監督も

映像部門のテーマは、「パラスポーツを応援したくなる映像」。テーマに沿ったオリジナル未発表の作品であり、動画の長さが15秒以上120秒以内のものが審査対象となる。

審査員は、鈴木徹選手、田口亜希選手、多摩美術大学教授の寺井弘典氏、日清カップヌードルやサントリーなどのCMを手がけたディレクターの中島信也氏、「のぼうの城」「シン・ゴジラ」などを手がけた映画監督の樋口真嗣氏。

映像部門の旗振り役を務める俳優の別所哲也さんは、

「パラスポーツの感動を分かち合いたい! あなたの動画が誰かのココロを動かす魔法になります!」

とメッセージを寄せている。

最終審査候補作品は、渋谷街頭ビジョン(SHIBUYA Street Cinema 2200 by Short Shorts)やデジタルサイネージでの放映される機会がある。

映像部門の詳細はこちらから。

いずれも応募受付期間は、2017年9月30日23時59分まで。期間内であれば、1名(1組)あたり3作品まで応募できる。最終審査候補作品の発表は2017年10月20日、審査結果発表ならびに授賞式は11月11日を予定。

「TEAM BEYOND」公式ウェブサイトで会員登録を行ったうえで、「マイページ」に設置されている専用応募フォームから応募する。応募作品はYouTubeにアップするため、YouTubeの登録も必要となる。