「水卜ちゃんロスやばいな」 「ヒルナンデス!」卒業で惜しむ声

「水卜ちゃんロスやばいな」 「ヒルナンデス!」卒業で惜しむ声

「水卜ちゃんロスやばいな」 「ヒルナンデス!」卒業で惜しむ声の画像

「好きな女子アナ」の新女王として知られる日本テレビの水卜(みうら)麻美アナ(30)が、情報バラエティ「ヒルナンデス!」(月〜金)のアシスタントを「卒業」した。

最後の出演では、MCの南原清隆さん(52)との社交ダンスも披露。ツイッターでは「水卜ちゃんロスやばいな」などと惜しむ声が相次いだ。

ガングロ・ギャルメイクを披露

2017年9月29日の「ヒルナンデス!」は、「ミトちゃん」の愛称をもつ水卜さんの「卒業スペシャル」と銘打って放送された。水卜さんは、入社翌年の2011年春から約6年半、同番組にレギュラー出演していた。

冒頭、水卜さんは「ず〜とドキドキです。目に焼き付けます」とあいさつ。その後、人生初というガングロ・ギャルメイクを披露(録画)。自身の顔を鏡で見た瞬間、「ギャーーーー」と絶叫するも、「強め〜」と嬉しそうな表情を浮かべていた。その後も、カレーや「専門店のおにぎり」などをおいしそうに頬張る食レポ(食事レポート)の場面も流れた。

約2時間の番組の終了間際には、南原さんと2人で社交ダンスを踊った。青のドレスで華麗に舞いながら、途中には、ご飯をもりもりと食べ、お腹がドンドン出っ張っていく様子を身振り手振りで示す一幕もあった。ダンスを終えると、目にうっすらと涙を浮かべつつも笑顔で、「こんなに(体重が)重くなったのに、(ダンスも番組も)やってこれたのは南原さんのお蔭です」などと、ユーモアを交えながら、共演者やスタッフ、視聴者へ感謝の言葉を述べていた。来週以降の「ヒルナンデス!」の告知にも力を入れていた。

水卜さんは、「体型への影響の懸念も何のその」の姿勢で、おいしそうにモリモリと食べる「食レポ」で注目を集め、そのぽっちゃりした体型や明るいキャラクターで人気を博した。各種「好きな女子アナ」アンケートで上位を占め、たとえば、「週刊文春」(2017年6月8日号)では、2位にダブルスコアをつけて4連覇を達成。エンタメ情報サイト「ORICON STYLE」(2016年12月発表)でも、4年連続で1位を獲得している。現在は、バラエティ「有吉ゼミ」などに出演している。

「とうとうお別れか。ほんとに悲しいし、寂しい」

「ヒルナンデス!」の番組スタート(2011年3月)時からのレギュラーだった水卜さんの「卒業」に、ツイッターでは、

「とうとうお別れか。ほんとに悲しいし、寂しい」
「水卜ちゃんのヒルナンデス大好きやった!泣いた。お疲れ様でした!!」
「水卜ちゃんが涙こらえてたところで私の涙腺崩壊しました」
「水卜ちゃんロスやばいな」

などと惜しむ声が相次いでいた。

水卜さんは、来(10)月からは、同局の朝の情報番組「スッキリ」(「スッキリ!!」から番組名を微変更)の司会を務める。

水卜さんの卒業と同じ9月29日には、フジテレビ系の情報番組「とくダネ!」でも、約5年3か月にわたり司会をしていた女優の菊川怜さん(39)も、最後の出演を果たした。ツイッターには「5年ちょっと、お疲れさまでした」「菊川怜さん とくダネ引退したから 見なくなるかも」といった声が寄せられていた。