試合中の「放尿」で一発レッド! 英サッカーでまさかの「珍」事

試合中の「放尿」で一発レッド! 英サッカーでまさかの「珍」事

GKが試合中に放尿し退場/英

試合中の「放尿」で一発レッド! 英サッカーでまさかの「珍」事

試合中の「放尿」で一発レッド! 英サッカーでまさかの「珍」事の画像

イングランドのサッカー6部リーグで、ゴールキーパー(GK)が試合中の「放尿」により主審からレッドカードを受け、一発退場を受けるという珍事が起きた。

まさかの形で退場したのは、ニュージーランド代表への招集歴もあるマックス・クロコンブ選手(24)。試合後に更新したツイッターでは、「私は非常に苦しい状態だった」と説明。その上で、「(チームの)勝利を台無しにする重大な判断ミスをしてしまった」と謝罪している。

「これはジョークではない」

2017年10月28日(現地時間、以下同)、英ウェストヨーク州で行われたシャーサルフォード・シティFC対ブラッドフォード・パーク・アベニューAFCの一戦。事件が起きたのは、試合終了間際の後半41分頃だった。

サルフォードGKのクロコンブ選手が、プレーに全く関係のないところで、主審からレッドカードを提示されたのだ。当初、試合の経過を実況していたサルフォード公式ツイッターは、

「クロコンブ選手がボールから離れた場所でレッドカードを受けた。何が起きたのか誰も分からない」

と困惑するだけだった。

だが、その真相はすぐに明らかに。対戦相手のパーク・アベニュー側が、

「クロコンブ選手は試合中の放尿により退場したことが分かった。これはジョークではない」

と公式ツイッターで報告したのだ。

いったい、衆人環視のピッチ上でどうやって放尿したのか。英BBCの28日の報道(ウェブ版)によれば、試合が行われたスタジアムの関係者は、「彼(クロコンブ選手)は警備員から2回もやめろと注意されていた。それでも小便をしたんだ」と説明。その上で、

「私の知るところでは、彼はスタンド脇に向かった。実際のところ、私はその行為を見ていないが、ラインマンから報告を受けた審判が彼を退場にしたのは間違いない」

とも話したという。

元ドイツ代表GKも...

試合中に放尿して退場というまさかの事態に、ツイッターでは数多くの海外ユーザーから、

「小便って...、マジ?」
「彼はサッカー界の伝説になったね。永遠に忘れられない」
「『イエロー』カードがより適切だったかも」
「じゃあ、彼はどうすればよかったんだ?」

などと面白がる声が続出(原文はいずれも英語、編集部訳)。また、国内ユーザーからも、「生理現象はどうしようもない」「あと5分くらい何とかならんかったのか」といった反応が出ている。

クロコンブ選手は試合終了後にツイッターを更新。「今日の事件について、心からお詫びを申し上げます」と切り出し、

「私は非常に苦しい状態で、(チームの)勝利を台無しにする重大な判断ミスをしてしまった。誰かを傷つけるつもりもなかった。両クラブとそのサポーターに謝罪します。決してあってはならない出来事でした」

と謝罪した。

なおサッカーの試合中に選手による放尿があったのは今回が初ではなく、2009年には元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン選手が、チャンピオンズ・リーグの試合中に小便をしたことがある。

そのほか、仏AFP通信社の報道(ウェブ版)によれば、17年1月にもスコットランド地域リーグの試合で、尿意を我慢できなくなったGKがゴール裏で小便をし、審判からレッドカードを受けたことがあった。