文明堂のカステラにオリジナルメッセージ入れられる 最高のプレゼントの完成!

文明堂のカステラにオリジナルメッセージ入れられる 最高のプレゼントの完成!

文明堂のカステラにオリジナルメッセージ入れられる 最高のプレゼントの完成!の画像

文明堂東京は、Webサイト上で、贈るシーンによってイラストやメッセージを選べたり、名前を入れられるオリジナルのカステラ「特別仕立カステラ」を注文できるサービスを2017年11月1日のWebサイトリニューアルに合わせ開始した。

イラスト、メッセージを選んで...

「サイズ」「イラスト」「メッセージ」を順番に選び、「名前」を入力することで自分だけのオリジナルカステラをつくることができる。

ビーお披露目の出産祝い、結婚の内祝い、お誕生日や長寿祝いなど、贈るシーンに合わせたWeb限定の絵柄も登場し、よりオリジナリティあふれるカステラを作ることができる。

価格も1080円〜と手ごろだ。

Webサイトリニューアルオープン記念として、12月24日まで、全商品対象で、配送先1か所への買上げ金額が税込3240円以上の場合、配送料が全国で無料になるサービスも行っている。年末年始の贈り物にも活用を。

注文は Thu, 14 Dec 2017 18:59:41 +0900 Thu, 14 Dec 2017 18:59:41 +0900 1 経済 藤吉久美子「すすり泣き会見」に強烈な違和感 「何の涙なのかな?」 https://www.j-cast.com/2017/12/15316761.html 316761 週刊文春に不倫疑惑を報じられた女優・藤吉久美子さんがすすり泣きをしながら釈明した羽田空港での会見に、お笑い芸人の石井てる美さん(34)が容赦ないツッコミを入れた。

石井さんは「『ブスの僻み』と言われてもいいんですけど」と断りを入れつつ、「飛行機から降りてくるどこら辺からスイッチを入れたのかな?」などと独自の主張を展開。インターネット上で「ほんまその通り」といった声があがっている。

「よく合コンに来る男の人が、直前に薬指の指輪を外したりするじゃないですか」

2017年12月14日発売(首都圏など)の週刊文春(21日号)で不倫疑惑を報じられた藤吉さんは、同日夜に仕事先から帰った羽田空港で報道陣の前に姿を見せた。すすり泣きしながら「私の軽率な行動でご迷惑をかけ、申し訳ございません」と謝罪しつつ、相手の男性との男女の関係は否定。この数時間前に別の場で会見した夫・太川陽介さんが「(妻を)信じる」などと言ったことについて、「嬉しかった」と感謝した。

「私はもう彼(太川さん)に守ってもらわないと生きていけない」とも述べ、反省しきりの藤吉さん。だが、15日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演した東京大学卒のお笑い芸人・石井てる美さんは、納得がいかないようだ。

番組では、藤吉さんが釈明会見時につけていた「左手薬指の指輪」が、週刊文春デジタルで動画が公開された直撃時にはつけていなかったことに着目。石井さんは

「よく合コンに来る男の人が、直前に薬指の指輪を外したりするじゃないですか。そういうことなんじゃないですか? 普段の『表』とは違う『そっち』を楽しもうという時のご自分なんじゃないかなと、私は思います」

と藤吉さんの指輪の意図を「推理」した。

「これは美人しか通用しないんですけど...」

空港での釈明会見で目を赤くしていたことについても、石井さんは「何の涙なのかな? 普通に考えたら不倫をされたほうが泣きたくなるけど、太川さんはお名前の通り、本当に『太陽』みたいな方だなと」とした上で、

「藤吉さんは、飛行機から降りてくるどこら辺からスイッチを入れたのかな?とかそういう目で見ちゃいましたね」

と勘繰った。さらに、

「分が悪くなると泣いて、これは美人しか通用しないんですけど、泣いて周りの人がアタフタして、なんとなく男の人がヨシヨシってなって、何でも済ませてきちゃうタイプの女の人って、子どもの頃からいたじゃないですか」

と容赦ない。

他の出演者から「厳しい...」との声が漏れたが、

「いいんですよ別に。『ブスの僻み』って言われてもいんですけど、そういう風に生きてこられたのかな?ってちょっと思っちゃいましたねえ」

とトーンは落ちなかった。

司会の高橋克実さんが「ねえ、だって...うん、キレイだ。キレイ。藤吉さん」とこぼすと、石井さんはここぞとばかりに「結局、美人の涙に男はコロリといくんですよ」とツッコんだ。

歯に衣着せぬ物言いに、ツイッターでは

「おもろすぎやし、ほんまその通り...」
「ブスの僻みw自分もそっちだわぁ」
「女の悪い部分がでてるなw」
「美人しか通用しない→正解 細かくは若い美人しか通用しない」

などといった声が続々。一方「僻みすぎやないか」と冷静に諫める声も一部出ていた。