ラジオをバカにする女子アナにブチ切れ 「久々に腹が立った」

ラジオをバカにする女子アナにブチ切れ 「久々に腹が立った」

ラジオをバカにする女子アナにブチ切れ 「久々に腹が立った」の画像

元ニッポン放送のアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活動している五戸美樹さん(31)のつぶやきに、ネットで共感の声が上がっている。

「ラジオをバカにする女子アナが存在することを知り、久々に腹が立った」ラジオ番組のレギュラーに復帰したばかり

五戸さんは2017年12月20日、ツイッターでそう怒りをあらわにした。続けて、

「ラジオをバカにするものはラジオに泣くのだ。私はラジオパーソナリティーであることと、アナウンサーという肩書きに誇りを持っている!以上!」

五戸さんは2009年、ニッポン放送に入社。「ショウアップナイター」「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」など、アナウンサーとして幅広い番組を担当した。2015年11月の退社後、ラジオ番組のレギュラーやトークレッスンの講師、イベントの司会業を務めている。

エイベックス・マネジメントとの契約を解除しフリーランスとなったのは、2017年10月だ。

「マイクが好きだからです。そしてラジオが好き。死ぬまでアナウンサーでいたいと思っています」

当時のブログでそう強調し、講師とアナウンサーの仕事を両立させる覚悟を示していた。

また10月2日からは、J-WAVEのラジオ番組「GROOVE LINE」(月〜木曜16時30分〜19時)でレギュラーコーナー「MINMINDAHA QUIZ MASTER」を受け持っている。

ニッポン放送に在籍した頃以来となるラジオ番組のレギュラーに、ブログで

「やっと帰ってこられました。(ニッポン放送リスナーの皆さん、ニッポン放送ではなくてすみません...でも喜んでくださると嬉しいです)」

と胸の内を明かした。

南キャン山里「ごもっともです」

ラジオ「好き」の五戸さんが発信した冒頭のつぶやきには、ツイッターやインターネットの掲示板で

「ラジオだから言えることがたくさんありますから、バカにはできないです」
「そんな事言ってる女子アナが居るとはねぇ。酷いねぇ。余程、仕事に自身が無い証拠ですね」
「技量のない人に限って、そんなことを言うんですよね。ラジオの人の方が信用を多く持っている」
「それは、正直、私を含めてラジオに関わる全ての人にとっては、凄く失礼な話ですよ」

と共感する声が上がっている。

「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」「赤江珠緒 たまむすび」(いずれもTBSラジオ)などでラジオと関わりの深い、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さん(40)も、

「ごもっともです」

とリプライ。

五戸さんは12月21日、こうした応援の声に

「怒りにまかせてつぶやいてしまったけど(笑)、皆さんからのリプライはラジオ愛に溢れていて、癒されました ラジオ、リスナー、フォロワーさん、大好きです。愛をありがとう。たは!」

と感謝の念を示した。