「ドラえもん」とともに「プログラミング的思考」が身につく

「ドラえもん」とともに「プログラミング的思考」が身につく

「ドラえもん」とともに「プログラミング的思考」が身につくの画像

バンダイは、アニメ「ドラえもん」が題材のアナログのプログラミングトイ「ころがスイッチドラえもん」全2種を、2019年6月29日に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

パーツを組み換えて作れるコースは無限大

高さを調整する「ブロック」、曲線や直線などの様々な「レール」、ドラえもんの"ひみつ道具"がモチーフの「ひみつ道具スイッチ」を組み合わせてコースを作成。組み立てたコースにボールを転がし、電力を使わず連鎖的な動力を発生させて、ゴールで待ち受けるドラえもんにボールを届ける。

パーツを組み換えて作成できるコースのバリエーションは無限大。「考える」「組み立てる」「試す」「直す」の4つのステップを通じ、プログラミング学習の基礎とされる"論理的に物事を考える力"や"試行錯誤しながら正解を見つける力"などの「プログラミング的思考」を育めるという。

「ワープキット」と「ジャンプキット」、それぞれに様々なギミックが発動する「ひみつ道具スイッチ」の内容が異なる2セットを用意。「ワープキット」にはボールが下から上にワープする「どこでもドア」、「ジャンプキット」にはボールがジャンプして飛び出す「空気砲」など、4〜5個の「ひみつ道具スイッチ」が付属する。

いずれも価格は5980円(税別)。