「浅野忠信タトゥー」入れる海外ファンに本人大喜び インスタで「Arigato!」

「浅野忠信タトゥー」入れる海外ファンに本人大喜び インスタで「Arigato!」

「浅野忠信タトゥー」入れる海外ファンに本人大喜び インスタで「Arigato!」の画像

俳優の浅野忠信さん(44)が2018年3月18日、自身の顔がデザインされたタトゥーの画像を11枚連続で投稿した。

どれも海外ユーザーの投稿をリポスト(シェア)したもので、浅野さんはその全てに「Arigato!」とコメントを添えている。

映画のキャラクターをデザイン

タトゥーにはどれも、映画「殺し屋1」で浅野さんが演じた「垣原」がデザインされている。映画の役柄通り、顔に大きな傷跡がある。

「殺し屋1」は山本英夫氏の同名漫画が原作で、2001年に三池崇史監督によって映画化された。過激な暴力描写が特徴だ。

海外でも「Ichi the Killer」の題名で親しまれており、映画「キル・ビル」などで知られるアメリカのクエンティン・タランティーノ監督も影響を受けたことを明かしている。タトゥーはそうした一部の熱狂的なファンが彫っているようだ。

あまりにリアルな仕上がりに、コメント欄には

「怖いデス...」
「凄いファンですね」
「芸術なのでしょうが、やっぱり怖い」

といった驚きが寄せられている。