カープの本拠地「マツダ スタジアム」を組み立てよう 1/1000スケールのペーパークラフト

カープの本拠地「マツダ スタジアム」を組み立てよう 1/1000スケールのペーパークラフト

カープの本拠地「マツダ スタジアム」を組み立てよう 1/1000スケールのペーパークラフトの画像

チケット販売および出版などを手がけるぴあ(東京都渋谷区)は、プロ野球・広島東洋カープ本拠地球場のペーパークラフト「つくる Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」を、2018年3月22日に全国の書店およびコンビニエンスストアなどで発売する。

完成までの目安は約10時間

メジャーリーグのボールパークを参考に建造されたといい、単なる競技場としてだけでなくレジャースポットとしての魅力も備えた、通称「マツダ スタジアム」を、1/1000スケールでペーパークラフト化。

ペーパークラフト作家・光武利将氏の作で、「とても紙とは思えないクオリティで形状や魅力を再現」しているという。切り折り加工済みで、すぐに組み立てを始められ、製作時間は約10時間。完成品を眺めるだけでなく、その製作過程も楽しめる。

価格は1204円(税別)。