広島東洋カープと中日ドラゴンズの試合で四球に気づかずプレー続行 凡退に倒れる

記事まとめ

  • マツダスタジアムで8月9日に行われた広島東洋カープと中日ドラゴンズの試合
  • 笠原祥太郎投手が投げた球はボールで四球だったが球審がボールカウントを間違え続行
  • 鈴木誠也選手はセカンドゴロに終わり、津川球審員は謝罪した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております