八代弁護士、「貴乃花騒動」で「これはもうただのイジメ」

貴乃花親方への日本相撲協会の対応に対し、八代英輝弁護士が「ただのイジメ」と批判

記事まとめ

  • 貴乃花親方に対する日本相撲協会の対応について、TBS系『ひるおび!』で報じられた
  • 八代英輝弁護士は、一門に所属しなければならなくなることについて協会を非難した
  • さらに、所属先がなくなる力士たちを絡めつつ「これはただのイジメ」と指摘している

八代弁護士、「貴乃花騒動」で「これはもうただのイジメ」

八代弁護士、「貴乃花騒動」で「これはもうただのイジメ」

八代弁護士、「貴乃花騒動」で「これはもうただのイジメ」の画像

貴乃花親方に対する日本相撲協会の対応をめぐって2018年9月25日、「ひるおび!」(TBS系)に出演していた八代英輝弁護士が、「公益財団法人なのに、『どこかの派閥に属していないとクビです』というのはやっていいわけがない」と痛烈に批判した。

「これはもうただのイジメ」

特定の一門に属していない貴乃花親方をめぐっては、27日までに5つある一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属しなければならないことが、7月に相撲協会の理事会で決められた。所属先が見つかる見込みがない貴乃花親方にとっては退職届を出さざるを得ない状況となっていた。

この点ついて八代弁護士は、「(相撲協会が)任意団体ならいざ知らず、公益財団法人なのに、『どこかの派閥に属していないとクビです』というのはやっていいわけがない」と協会を非難。

さらに、所属先がなくなる力士たちを絡めつつ、「阿武松グループの皆さんは受け入れて、貴乃花親方を受け入れないとしたら、これはもうただのイジメじゃないですか」とバッサリ。法律家の観点からは、「(受け入れを拒否された)結果として退職となれば、法廷で争えばほぼ間違いなく貴乃花親方は勝てる」とも指摘した。

また、騒動のきっかけとなった貴ノ岩の暴行問題についても、「貴ノ岩は被害者ですから、貴乃花親方がとった対応は大人ではなかったかもしれないが、法律的には何も間違ったことはしていない」と擁護した。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)