ゴマキ、甥と17歳まで「一緒にお風呂」へ 爆弾告白にスタジオ絶句

ゴマキ、甥と17歳まで「一緒にお風呂」へ 爆弾告白にスタジオ絶句

ゴマキ、甥と17歳まで「一緒にお風呂」へ 爆弾告白にスタジオ絶句の画像

元「モーニング娘。」の後藤真希さん(33)が、甥が17歳になるまで一緒に入浴をし、互いの身体を洗い合っていたと明かしたことに、衝撃を受ける視聴者が続出している。

後藤さんは2018年9月26日放送のバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日テレ系)に出演。甥との関係を赤裸々に語ると、スタジオの面々は絶句。客席からは「キャー」という悲鳴もこだました。

「母親みたいな感じ」

後藤さんが溺愛しているという甥は、俳優として活動する勧修寺保都(かんしゅうじ・たもつ)さん(21)。今回の番組では、司会の「チュートリアル」徳井義実さんが、

「甥っ子が17歳になるまで、一緒に入浴をし、さらにはキスもしていた」

との情報を紹介。すぐさま共演者が「これ本当ですか」と迫ると、後藤さんは、

「いやもう、普通ですね。今でも入れますね」

とキッパリ。ちなみに、2人の年齢差は12歳。甥の勧修寺さんが17歳のとき、後藤さんは29歳だった。

この日のスタジオには、甥の勧修寺さんもゲスト出演。後藤さんを異性として意識しないのかを問われると、「ないですね」と断言。風呂では2人が交代で背中を洗い合うこともよくある、とも明かしていた。

一連の入浴エピソードを聞いた「フットボールアワー」後藤輝基さんは、

「(ゴマキが湯船から)バーンと出てくるわけやん。LOVEマシーンが露わになってるわけやん。どうすんねん。17歳ならそういうのすごい興味あるやん」

と冗談めかしてツッコミ。これに勧修寺さんは「本当に、母親みたいな感じなので」と返したが、「いや母親とでも、17歳で風呂入れへん!」と納得のいかない様子だった。

「マジかよ」「奥歯噛み砕く」

さらに勧修寺さんは、後藤さんとの入浴について「全然意識しないですね。たぶん僕がっていうより、ネネが意識しない」と改めて一言。ネネは後藤さんの愛称で、普段からそう呼んでいるという。

甥のこうした発言には、後藤さんも「そうですね。本当子供の成長を見ているような感じ」と同調。続けて、甥との入浴時のやり取りだとして、目線を下の方にやりながら、

「あっ、ナニナニ成長したねとか。あっ、ちょっと生えてきたなとか。だいぶ増えたじゃんとか」

とも。具体的に何を指しているかは不明なものの、後藤さんは「こうやりますもん」と言いながら、ナニかを指でつまんで持ち上げるような動きも見せていた。

こうした爆弾エピソードにツイッターやネット掲示板では、「マジかよ!?」「動揺隠せない」といった驚きの声が続出。なかには、「(甥が)羨まし過ぎて奥歯噛み砕く」などと冗談めかして反応する動きも。

ただ、一部のユーザーからは、

「さすがに、このエピソードは引くな。。」
「ゴマキ大好きだけど。これはドン引き」
「入浴とキス...ちょっと気持ち悪さを感じてしまうレベル」

と抵抗感を露わにする声も。もちろん、「良い事だと思う 可愛がってたんだから」と理解を示すユーザーもいた。

なお、勧修寺さんは番組の終了後に更新したツイッターで、「恥ずかしい話が多かったですが、、笑 初めてのバラエティ番組出演で叔母と初共演できてよかったです」との感想をつづっていた。