右手首骨折の森三中・大島が退院 夫・鈴木おさむ安堵

右手首骨折の森三中・大島が退院 夫・鈴木おさむ安堵

右手首骨折の森三中・大島が退院 夫・鈴木おさむ安堵の画像

放送作家の鈴木おさむさん(46)が2018年9月29日にインスタグラムを更新、妻でお笑いトリオ・森三中の大島美幸さん(38)が右手首の手術を受けたと明かした。

30日の投稿では、病室で撮影したと思われる鈴木さん、大島さん、息子の笑福くんの写真を公開し、大島さんの退院を報告している。

雨の日に転倒、泣きながら夫に電話

鈴木さんは21日の投稿で、大島さんの骨折を明かしていた。

「本日、妻が右手を骨折しました。コントでこういう格好してるわけじゃありません。右手をやりましたので、LINEは返せません!」

鈴木さんの公式ブログによると、21日、大島さんは雨の中を歩いていて足を滑らせた際、右手をついて骨折した。大島さんは泣きながら鈴木さんに電話してきたという。

その後の怪我の経過は芳しくなく、レントゲンを撮ったところ、2本の骨折が判明。大島さんは全身麻酔を受け、右手首にプレートを埋め込む手術を行った。鈴木さんはレントゲン写真を公開しており、プレートは1年ほど埋め込まれたままだという。大島さん自身は手術については何も覚えてないようだが、術後の経過は順調とのことだ。

鈴木さんは、30日、「退院しました。良かったです」と投稿。病室で撮ったと思われる家族3人の写真を公開しており、息子の笑福くんの笑顔が印象的だ。ファンからは、「退院おめでとうございます」、「リハビリ頑張ってください!」との声が寄せられている。