丸山桂里奈「街の中でドリブル」 デヴィ夫人「ユニークな方」は誉め言葉?

丸山桂里奈「街の中でドリブル」 デヴィ夫人「ユニークな方」は誉め言葉?

丸山桂里奈「街の中でドリブル」 デヴィ夫人「ユニークな方」は誉め言葉?の画像

「天然」キャラで引っ張りだこの元サッカー女子日本代表・丸山桂里奈さん(35)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)に際して外国を訪れた際の独特なエピソードを明かした。

丸山さんは2018年10月18日、東京都内で行われた国内外宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」のイベントに出席。サイトのサービスにちなみ、「最近訪れた海外」の話題を展開する中で、元サッカー選手ならでは(?)の話が飛び出した。

「『ボールは友達』ですから」

丸山さんは6〜7月のロシアW杯の前、「事前視察」のために日本のグループリーグ対戦国・コロンビアを訪れていたという。「コロンビアってコーヒー豆のイメージじゃないですか? でもそれだけじゃなくて、街並みもキレイなんです」と現地の感想を述べると、

「私、街の中をドリブルして行ったんですけど、ドリブルすると周りの人がボールを取りに来る。それくらいサッカーの文化が根付いてるんだなと感じました!」

とエピソードを披露。日本ではあまり見慣れない「街中でのドリブル」について聞かれ、

「『ボールは友達』ですから。海外に行くとボールを持っていってドリブルするんですよ。その食いつきは、コロンビアが一番でしたね。はい」

と、漫画『キャプテン翼』の名言を引き合いに。外国へ行くたびにドリブルしているようだ。イベントに共に出席したデヴィ夫人(78)は、「びっくりしました。ははは。街中で」と驚いた。

元「なでしこジャパン」の一員として海外を飛び回っていた丸山さんは、宿泊先を選ぶにあたって「譲れないこと」があるという。

「ベッドの足元に布(編注:ベッドスローと思われる)があるところじゃないと泊まらないですね。部屋に入ったら、靴を履きながらすぐに休みたい。靴は一心同体じゃないですか。私、サッカー選手だったので。なんていうんですかね、足から靴がつながってるイメージです」

スリッパに履き替える前にとりあえずベッドで休みたいのだという。「そこに靴をのせる喜び。第一声といいますか、入って始めに靴をのせたい」とこだわっている。

「『なでしこ』で活躍していた彼女しか知らなくて」

マイペースな丸山さんの話を聞き、デヴィ夫人は「『なでしこ』で活躍していた彼女しか知らなくて、隣で発言してるのを聞いてびっくりしました。面白いことを仰るので、ああ、この方はスポーツの中でしか生きてこなくて、非常にユニークな方だな、と」と印象を語る。評価しているのか呆れているのか、「褒め言葉ですか?」と聞かれると、「そうですよ」と即答。女子W杯優勝などの活躍から国民栄誉賞を受賞したなでしこジャパンの一員であることについて「素晴らしいことです」と称えていた。

今回のイベントは旅行業界の盛り上げに貢献した人物を表彰する「Booking.com Traveler of the year」の表彰式で、丸山さんとデヴィ夫人がその受賞者。授賞の理由は、丸山さんはなでしこジャパン時代の海外での様子や、日本と海外の違いを「丸山節」でユニークに話す様子が、人々に海外を身近に感じさせているため。デヴィ夫人は78歳の今なお体を張る海外ロケに多数挑戦している姿が、人々の海外への興味関心を喚起したため、だとしている。