制作会社の一部スタッフには事前連絡が... DJ社長「パワハラやらせ」、「しくじり先生」出演見送りのテレ朝が取材に回答 騒動は「看過できない」

制作会社の一部スタッフには事前連絡が... DJ社長「パワハラやらせ」、「しくじり先生」出演見送りのテレ朝が取材に回答 騒動は「看過できない」

制作会社の一部スタッフには事前連絡が... DJ社長「パワハラやらせ」、「しくじり先生」出演見送りのテレ朝が取材に回答 騒動は「看過できない」の画像

テレビ朝日広報部は2019年7月22日、「パワハラやらせ」騒動を起こした人気YouTuber・DJ社長さんの「しくじり先生 俺みたいになるな!!」出演見送りの経緯を明らかにした。

今回の「炎上商法」を制作会社の一部スタッフは事前に知っていたものの、「事の重大さを把握出来なかった」ことから、局・制作会社のプロデューサーらには情報が伝わっていなかった。騒動を受けて「看過できない事態」と判断、出演が予定されていた22日の放送を差し替えたという。

本人も謝罪、協力のマキシマム ザ ホルモンにも批判殺到

DJ社長さんは、YouTubeチャンネル登録者数180万人を超える人気アーティスト集団「レペゼン地球」のメンバーとして知られる。ところが17日、同じ事務所「Life Group」に所属する女性タレントが、ツイッターで「何度もホテルに誘われてます」「断ったらクビにすると言われたこともあります」などとその「パワハラ」を告発した。

翌18日にDJ社長さんは動画で、事実を認め謝罪するが――20日に事態は一転する。新たに公開された動画で、DJ社長さんは一連の騒ぎが「釣り」「炎上プロモーション」だと明かしたのである。さらに、これをネタにした楽曲「パワハラ ザ ホルモン」も公開、MVにはこの曲のパロディー元である人気バンド「マキシマム ザ ホルモン」まで登場した。

ファンや一部メディアはこの「パワハラやらせ」を好意的に受け取ったが、「パワハラ」という重大な問題をネタとして扱ったことで、批判が殺到する事態に。炎上の域を超えた「大炎上」となり、DJ社長さん本人、さらにマキシマム ザ ホルモン側も謝罪に追い込まれた。上記の「ネタばらし」動画は、すでに削除されている。

こうした中で注目を集めたのが、DJ社長の出演が予定されていた「しくじり先生」の22日放送回だ。

炎上商法には「関わった事実はありません」

すでに最初の「謝罪」後の19日時点で、テレビ朝日はJ-CASTニュースの取材に対し、

「DJ社長の出演につきましては、出演者サイドと相談の結果、放送を見送ることになりました」

と明らかにしていた。しかし、一連の騒動が「やらせ」だと明らかになったことで、「テレビ局は知ってたのかな」「しくじり先生も騙されたのか?」など、いぶかる声も相次いだ。

そこでJ-CASTニュースは22日、改めてテレビ朝日に、(1)20日以前にDJ社長さん側からの情報提供はあったのか、(2)「しくじり先生」の出演者変更も「炎上プロモーション」であることを前提としたものだったのか、の2点について質問した。

広報部からの回答は以下の通り。

「局のプロデューサーやゼネラルプロデューサー、および制作会社プロデューサーは、今回の炎上商法ともいえるPR戦略については承知していませんでしたが、制作会社の一部スタッフは事前に連絡を受けており、事の重大さを把握出来なかったことから上司への報告・相談を怠っておりました。
DJ社長の出演につきましては、今回の騒動を受け、当社としても看過できない事態と捉えまして、出演者サイドと相談の結果、放送を見送ることになりました。
当社が炎上商法ともいえるPR戦略に関わった事実はありません」