妖艶悪女にキャラ変した?田中みな実 「ルパンの娘」熱演に「攻撃力高すぎ」

妖艶悪女にキャラ変した?田中みな実 「ルパンの娘」熱演に「攻撃力高すぎ」

妖艶悪女にキャラ変した?田中みな実 「ルパンの娘」熱演に「攻撃力高すぎ」の画像

2019年8月8日に放送された「ルパンの娘」(フジテレビ系)の第5回が視聴者の間で話題だ。

同ドラマは小説家の横関大さん作の同名小説が原作。代々泥棒を家業とする一家の娘と、代々警察官を務める一家の息子との恋愛を描いたコメディードラマだ。第5回で、女優の深田恭子さん(36)が演じる主人公の三雲華と併せて視聴者の大きな注目を浴びたのは、ゲスト出演したフリーの田中みな実アナウンサー(32)の姿だった。

「女王様衣装クソ最高でした」

番組冒頭に深田さんのシーンが流れた後、画面はとあるバーのシーンに転換。警部補の巻栄一(加藤諒さん=29)が葉巻をくゆらせているところに露出度の高いドレス姿で現れた、田中アナ演じる大泥棒の双葉美羽は、これ見よがしに足を組み替えて巻を誘惑。ホテルに誘って警察手帳を奪うことに成功する。また、別のシーンでは、やはり別のセクシーなドレス姿で現れ、華の父である尊(渡部篤郎さん=51)の身柄を拘束することに成功した。

また、ドラマ終盤では華の恋人で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん=31)の目の前に現れたが、その際の衣装は女王様風のボンデージ。桜庭に容赦なくムチを振るったほか、桜庭を救出すべく現れた華とのアクションシーンでは胸元が強調された。

これら、田中アナの出演シーンには、「女王様衣装クソ最高でした」「どうやったらこんなお肌ツヤツヤで色気が出るのか真剣に教えて欲しい」と、絶賛する声が続々。ただ、その一方で、「田中みな実の攻撃力高すぎじゃない?」という声も上がっている。

「み〜んなのみな実」が成熟した!?

フリーアナウンサーが本業でありながら、妖艶さをこれでもかと振りまいた田中アナ。「ぶりっ子」キャラの印象も強いだけに、そんな田中アナに違和感を覚えた視聴者もいたかもしれないが、田中アナのこれまでのキャラを考えれば、今回のような挑発的な役柄は、これまでのキャラの正統進化系とも言えるのではないだろうか。

田中アナは2012年11月、「フライデー」(講談社)のスクープで、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん(当時29)との真剣交際が報じられた。熱愛報道にファンがどよめく中、11月4日放送の「サンデー・ジャポン」に出演した田中アナは交際について、核心を突く質問をのらりくらりとかわしつつ、「何があっても、みな実はみ〜んなのみな実だよ!」とニッコリ。スキャンダルを「ぶりっ子キャラ」で飲み込み、熱愛への追及を振り切ることに成功したのだった。

あれから7年。田中アナが「ルパンの娘」で見せた「悪女キャラ」は、当時炸裂した「ぶりっ子キャラ」が成熟した結果生まれたキャラなのではないだろうか。だとしたら、今回の出演は、田中アナの今後に大きく資するものだったと言えるだろう。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)