松本人志の「メトロン星人」ツイート深読みするファンたち 芸人と会社の関係と...?

松本人志の「メトロン星人」ツイート深読みするファンたち 芸人と会社の関係と...?

松本人志の「メトロン星人」ツイート深読みするファンたち 芸人と会社の関係と...?の画像

ダウンダウンの松本人志さん(55)が2019年8月13日に行ったツイートが話題だ。

「いろいろ相談してます。。。」との文言に添えられてアップされたのは、松本さんをかたどったフィギュアと、異星人と思しきフィギュアを写した写真。両者はちゃぶ台を挟んで対峙しており、今にも話しだしそうな雰囲気を醸し出している。

人間の「信頼関係」狙う宇宙人

何とも意味深なツイートには、「本人が本人のフィギュアを使うとは...」といった声が続々。ほかにも、「左の方は、浜田さんですか?」といった声も寄せられているが、併せて上がっているのが、松本さんではない方のフィギュアが「メトロン星人」のフィギュアだと指摘する声だ。

「メトロン星人」とは、「ウルトラセブン」(1967〜68年)をはじめとするウルトラマンシリーズに出てくる宇宙人だ。

唐突にメトロン星人のフィギュアの写真をツイートした松本さんだが、以前、松本さんはそのメトロン星人への思いをラジオで語っていた。2008年に放送された自身のラジオ番組「放送室」(TOKYO FM=放送終了)で松本さんはメトロン星人についてのエピソードを披露。内容は、松本さんが幼少時、メトロン星人のフィギュアを祖父に買ってもらってそれを気に入り、大人になった際にそれがきっかけで、「ウルトラセブン」のメトロン星人が出てくる回を視聴したというものだ。

松本さんは特に、話のオチの部分に感銘を受けたという。

地球征服を目論むメトロン星人は、宇宙から持ち込んだ薬物をタバコに混ぜ、ひそかに流通させる。このタバコを吸うと、人は幻覚に襲われ、前後不覚となって大暴れしてしまうのだ。暴力事件を続発させたメトロン星人の狙いは、これによって人間同士の「信頼関係」を失わせること。そうすれば、武力を使わずとも人類は争い合って自滅し、やすやすと地球は自分たちの手に入る――。

最終的にその陰謀はウルトラセブンによって防がれるが、その特異なストーリーはファンに強い印象を残した。

メトロン星人が表わしているものとは!?

何とも寓話的な要素が含まれたメトロン星人の登場回だが、当該放送回や松本さんの「放送室」での発言を覚えていたとみられるファンからは、「松ちゃん、ウルトラセブンのメトロン星人の回、好きですもんね〜」といったリプライが続々。「何故相談相手が? ウルトラセブンの一番有名なちゃぶ台シーンでモロボシ・ダンとメトロン星人???」と、ツイートと作品の関係に首をかしげる声も。

また、松本さんがこの時期にメトロン星人を出してきた意味を考えるファンも多い。「メトロン星人が介入せずとも人類はもめるんですよね」と、所属芸人との契約問題で揺れる吉本興業と所属芸人の関係を象徴しているのではないかとする声や、「メトロン星人は狡猾な戦略が得意なので、吉本改革への知恵を付けてもらえそうですね」と、事態を収拾すべく、松本さんが誰かに教えを乞うているのではないかと考える向きもある。

ちなみにメトロン星人の回は、以下のようなナレーションで締めくくられる。

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心ください、このお話は遠い遠い未来の物語なのです。え、何故ですって? 我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)