浜崎あゆみの「懐メロ商法」が止まらない 「第2の黄金期」到来の予感?

浜崎あゆみの「懐メロ商法」が止まらない 「第2の黄金期」到来の予感?

浜崎あゆみの「懐メロ商法」が止まらない 「第2の黄金期」到来の予感?の画像

歌手の浜崎あゆみさん(40)のセカンドアルバム「LOVEppears」のリパッケージ盤が発売されることが、2019年9月4日に発表された。

同アルバムは1999年11月10日発売で、リパッケージ盤の発売日はちょうど20年後となる2019年11月10日。今年でデビュー21周年を迎えた浜崎さんが活動開始初期に出したアルバムが再販売されるとあって大きな話題となっているが、浜崎さんといえば、つい先日も、自身の過去をめぐる情報発信が話題になったばかりだ。

浜崎さんの半生を題材にとった小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が8月1日にリリース。同書は、浜崎さんが1998年にエイベックスからCDデビューすることになったきっかけとなる、同社の松浦勝人会長(当時は専務)との出会いに始まり、松浦会長との交際、そして、1999年に別れに至るまでが記されており、浜崎さんの「自伝」と言える内容で話題を集めている(著者は小松成美氏)。

浜崎さんにとって「転換点」となった1999年の秋

同書の終盤には、浜崎さんが松浦会長と別れた1999年について記した「第5章 Mとの別れ」という章がある。「一九九九年。この年の激動の日々を、きらびやかな賞賛を、刻々と押し寄せる孤独を、私は忘れることがない」という書き出しから始まる同章では、浜崎さんの楽曲である「Boys & Girls」「appears」の歌詞を掲載しつつ、「秋が深まっても、マサ(編注:松浦会長のこと)は部屋に戻ってこなかった」と、浜崎さんと松浦会長が別れたことを暗示する描写がなされている章だ。

秋が深まる......正に、1999年11月10日には、浜崎さんのセカンドアルバム「LOVEppears」が発売され、その売り上げ枚数はダブルミリオンを達成し、浜崎さんの人気を決定づけたアルバムだ。くしくも、収録曲には「Boys & Girls」と「appears」が名を連ねており、それを知った上で同書を読み返すと、同年の秋が浜崎さんのその後を決定づけた時期であったと推測できるのだ。そう考えると、今回の「LOVEppears」の再販売は、正に、浜崎さんの「転換点」となったアルバムを再販売するということになり、浜崎さん本人にとって実に意義深い行為なのだということになる。

浜崎さんの再ブレイクは近い!?

そんな中、「LOVEppears」再発売の発表の中、浜崎さんが2019年4月6日と7日に行ったさいたまスーパーアリーナでのコンサート「ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-」の様子を収めたDVDとBlu-rayが、9月4日に発売された。一連の情報発信が続く中での発売となったことを考えると、リリース時期を周到に選んでの発売とも考えられるのが何とも意味深だ。事実、同DVDのフライングゲット日となる3日の18時台には、浜崎さんのツイッターアカウントがタワーレコード新宿店のツイートをリツイート。その内容は、同店で浜崎さんのDVDの特設コーナーが設置されたことを伝えるものだ。

そこで、同店に足を運んでみると、ツイートで紹介されていた特設コーナーを7階で発見。コーナーでは時折、足を止めてDVDを手に取りレジに向かう客の姿が見られたほか、一緒に販売されている浜崎さんの過去のアルバムに目をやる人物の姿も。ざっと見ただけではあるが、男女比や年齢層に偏りはなかったように感じられた。

浜崎さんの「第2の黄金期」が、すぐそこまで迫っているのかもしれない。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)