クレイジージャーニー休止に阿曽山大噴火も反応 「今夜の室屋さんはどこかで放送して欲しい!」

クレイジージャーニー休止に阿曽山大噴火も反応 「今夜の室屋さんはどこかで放送して欲しい!」

クレイジージャーニー休止に阿曽山大噴火も反応 「今夜の室屋さんはどこかで放送して欲しい!」の画像

TBSは2019年9月11日、同局で放送中の「クレイジージャーニー」について、事前に準備した生物を使って、あたかもその場で発見したように撮影した放送回があったとして謝罪した。同番組の今後については、調査が完了するまで放送を休止するとしている。

同番組は毎週水曜深夜枠(木曜未明)に放送されており、11日深夜枠の放送は直前になって休止されてしまったが、これを受け、裁判ウォッチャーとして知られるお笑い芸人の阿曽山大噴火さんが同日夕に放送休止についてツイート。放送が迫っていた当日の放送回についての意見を述べた。

「エアレース最終ラウンドに緊急密着」ものを放送予定だったが

阿曽山さんはこの日の16時台にツイッターで、「クレイジージャーニーは先日のADへの暴行に続き、ヤラセ...。番組存続とかに関わってくるのか知らないけど、」と、8月発売の「週刊文春」で、同番組のプロデューサーがADに暴行を働いたとする報道に言及しつつ、

「今夜の室屋さんはどこかで放送して欲しい!密着してるとこ他に無いだろうし」

と指摘。11日深夜の放送回では、「日本最速のパイロットが世界王者奪還を目指し決戦!エアレース最終ラウンドに緊急密着!」とのタイトルで、エアレース・パイロットの室屋義秀さんについての特集を予定していたため、当該特集が放送休止になってしまったことを嘆きつつ、どこかで放送されることを願うツイートを行った。

同様の声は一般視聴者からも

直前の放送休止とあって、阿曽山さんと思いを同じくするツイートは放送休止発表直後から続々と上がっている。あるアカウントは、「大好きな番組だったのに、超ショック。やらせなくして番組再開して欲しいなぁ」と、番組再開を願う声をツイートした。

また、別のアカウントでは「クレイジージャーニーの加藤さんの本当にファンだったのでショックです」と、同番組に出演していた爬虫類の専門家で静岡大学講師の加藤英明さんを心配する声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)