アトランタで奇跡、東京は? 前園真聖が語る五輪サッカー(前編)【特集・目指せ!東京2020】

アトランタで奇跡、東京は? 前園真聖が語る五輪サッカー(前編)【特集・目指せ!東京2020】

アトランタで奇跡、東京は? 前園真聖が語る五輪サッカー(前編)【特集・目指せ!東京2020】の画像

1996年のアトランタ五輪で世界最強のブラジルを破り、世界に衝撃を与えたサッカー23歳以下の日本代表。この「マイアミの奇跡」を起こしたチームのキャプテンを務めたのが、前園真聖氏だ。

今、自身が出場した五輪をどう振り返るのか。また来年の東京五輪に臨む23歳以下の日本代表の評価は。同氏のインタビューを2回にわたりお届けする。(インタビュアー・石井紘人 @ targma_fbrj)

五輪が終わった後に海外移籍したいと言い続けた

――アトランタ五輪は、グループリーグ同組だったナイジェリアが金メダル、ブラジルが銅メダルでした。そんな凄いグループで日本がブラジル、ハンガリーと2勝できた背景として、当時のJリーグにレベルの高い外国人選手がいたことも関係しているでしょうか。

前園 間違いなく関係ありました。横浜フリューゲルスでチームメイトだった二人、ジーニョはFIFAワールドカップ(W杯)1994年米国大会でブラジルを優勝に導いた後でしたし、サンパイオはその次のW杯1998年フランス大会でブラジル準優勝の原動力になりました。「元」ではなく、現役のブラジル代表レギュラーが二人もチームにいるなんて、今のJリーグでは考えられません。ヴィッセル神戸のイニエスタは凄い選手で話題にもなっていますが、そのレベルの選手が二人もいるのですから。
もちろん、全体的なレベルは今のJリーグの方が高いと思います。
でも、日本がW杯に出場したことのない時代に、世界のトップの選手と毎日練習できる環境があり、世界へのお手本が常に目の前にあって、何でも(技術を)盗めて、聞けて、質の高い練習が出来ていたのは、自信に繋がりました。五輪でも、「ブラジル代表と練習から一緒にやっているのだから」と思っていました。

――では、ブラジルと戦っても、そこまでの衝撃はなかったですか。

前園 ブラジルという名前に負けることはありませんでしたが、対峙してマッチアップした時に、一瞬のスピードなどのフィジカル、技術、判断、個人やグループ戦術が、Jリーグの試合以上の迫力がありました。
1-0で勝利しましたが、内容はボロ負け。あの試合くらいのインパクトをJリーグの試合で常に感じるのは難しいですよね。なので、こういった選手たちと常に試合が出来るリーグに移籍したいと思い、僕は五輪が終わった後に海外移籍したいと言い続けたのです。
高いレベルの舞台を経験すれば、この選手たちと同じレベルでやりたいというのは当然ですし、思えなければダメです。

アトランタ五輪がなければ、今の自分はいない

――ですが、前園さんご自身の移籍は叶いませんでした。メディアはよく前園さんのサッカー人生を、アトランタ五輪の前と後で分けて語りますが、実際に五輪は前園さんの人生にどのような影響を与えましたか。

前園 望んだサッカー人生になったとは言えないかもしれません。アトランタ五輪後、「ここが僕自身の移籍のタイミングだ」と思っていましたが、ヒデ(中田英寿)のように切り開けなかった。
その後、ブラジルに移籍しましたが、欧州三大リーグ(イングランド・スペイン・イタリア)には挑戦できませんでしたし、W杯の出場も無理だった。結果、アトランタ五輪が一番大きな大会となりました。ただ、「ブラジルを倒したマイアミの奇跡でキャプテンを務めた」という形容詞で、今、お仕事を頂いている部分もあると思うんです(笑)。なので、アトランタ五輪がなければ、今の自分はいないと思っています。

(文中敬称略、後編に続く)


前園真聖(Masakiyo Maezono)
1992年鹿児島実業高校からJリーグ・横浜フリューゲルスに入団。1994年にはアトランタオリンピックを目指すU-21日本代表に選出されると共に、ファルカン監督に見出されA代表にも選出。日本代表U-21主将として28年ぶりとなるオリンピック出場に貢献。
そして1996年、アトランタオリンピック本大会では、ブラジルを破る「マイアミの奇跡」などを演出し、サッカーファンのみならず、広く注目される事となる。
その後、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)、サントスFC・ゴイアスEC(ブラジル)、湘南ベルマーレ、東京ヴェルディ、安養LGチータース・仁川ユナイテッド(韓国)と渡り歩き、2005年5月19日に引退を表明。
2006年FIFAワールドカップドイツ大会、2008年北京オリンピックともに期間中は現地にて取材活動をし、サッカーだけではなく多岐にわたる競技を取材する。現在はサッカー解説者やメディア出演の他に、自身のZONOサッカースクール少年サッカーを主催し、普及活動をしているが、2009年ラモス監督率いるビーチサッカー日本代表に召集され現役復帰。同年11月に開催されたUAEドバイでのW杯において、チームのベスト8に貢献した。ペットはミニ豚。