HKT「くだらない寸劇」でガチ泣き 指原卒業から半年、「新体制」をアピール

HKT「くだらない寸劇」でガチ泣き 指原卒業から半年、「新体制」をアピール

HKT「くだらない寸劇」でガチ泣き 指原卒業から半年、「新体制」をアピールの画像

福岡市を拠点にするアイドルグループ、HKT48が約4年半ぶりに九州7県をめぐるコンサートツアーを行い、2019年10月27日に福岡市で最終公演を迎えた。指原莉乃さん(26)が19年4月に卒業してからHKT48がコンサートツアーを開くのは初めてで、ツアーのタイトルも「あの支配人からの、卒業。」。劇場支配人でもあった指原さんの肖像を背景にした「卒業式」で開幕する構成だ。

ツアーの目玉のひとつでありながら「くだらない」「グダグダ」などと言われ続けてきた寸劇も最終回に。メンバーは「くだらないことをこんなに真剣にできるHKTが、すごいいいなぁ、って思った」などと次々に涙を流し、「新しいHKTでこれから頑張っていけるんじゃないか」と意気込みを新たにしていた。

3時間弱のうち30分を寸劇に...

5月に行われた指原さんの「大感謝祭」コンサートでは、指原さんが、タンスにマイクを収納して終演する。寸劇はこれがモチーフで、「支配人」が閉じ込められたタンスをめぐり、村重杏奈さん(21)率いる「ツイン村重軍団」と、「指」の文字が入ったかぶりものを着た、松岡はなさん(19)らによる「寸劇戦隊・指(ゆび)レンジャー」とが、「博多星(はかたぼし)」を舞台に闘いを繰り広げる内容だ。

ツアーは7月に福岡で始まり、その後は北九州、大牟田、鹿児島、宮崎、大分、長崎、熊本、佐賀の8都市で上演。全会場で寸劇が行われた。2回目の福岡公演となる、この日は昼と夜の計2公演行われ、昼はアンコール含めて26曲、夜は異例のダブルアンコールを含めて計36曲を披露。いずれも2300人(主催者発表)の観客で満員になった。寸劇の最終回は夜の部で上演。ダブルアンコール含めて3時間弱あった上演時間のうち、約30分を寸劇に費やした。

田中美久「新しいHKTでこれから頑張っていける」自信がついた

寸劇の結末はこうだ。タンスを取り戻して、扱いを委ねられた松岡さんが、

「博多星には、こんなにも素敵な仲間がたくさんいる。そして、こんなくだらない寸劇を応援してくれたファンの皆さんもいる。だから大丈夫。タンスを開けない!だって私たち、あの支配人から卒業できたんだから」

と決意。ステージ上のタンスにスポットライトが当たり、直後に指原さんの卒業曲「いつだってそばにいる」が指原さんの声で流れて締めくくられる。出演者は次々に大粒の涙を流し、「チームH」キャプテンの松岡菜摘さん(23)が「なんで泣いてるの?」と驚くほど。寸劇で事実上の座長を務めた村重さんは

「くだらないことをこんなに真剣にできるHKTが、すごいいいなぁ、って思った。スタッフさんも毎回台本書いてくれて、照明さんも、曲のリハよりも寸劇のリハの方が長いのにずっと付き合ってくれるし...」

などと振り返り、生中継された「ニコニコ生放送」のコメント欄には

「村重よくやった」
「しげちゃん頑張った」

といった声が相次いだ。松岡はなさんも

「最初こうなると思ってなったので、泣いてることにびっくりしてるんですけど、でも本当に頑張ったので、終われてよかったと思います」

と満足そうに話し、田中美久さん(18)は、

「最初からたくさん盛り上がって、こんなにたくさんの人が応援してくださっていることを実感して、新しいHKTでこれから頑張っていけるんじゃないか、っていう自信がついたコンサートだなと思いました」

と意気込んだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)