京都市、吉本芸人4組に「有償ツイート」依頼 広告と明示せず物議、「より透明性を高めていく」

京都市、吉本芸人4組に「有償ツイート」依頼 広告と明示せず物議、「より透明性を高めていく」

京都市、吉本芸人4組に「有償ツイート」依頼 広告と明示せず物議、「より透明性を高めていく」の画像

京都市が、吉本興業所属のお笑いコンビ「ミキ」に報酬を支払いツイッターで宣伝させたものの、明確に広告である旨を示さず批判を集めている問題で、ほかにも複数の著名人に同様の依頼をしていたことが分かった。

京都市は「色々なご意見を市民の方から頂いているので、より透明性の高い広報をしていこうと思っています」と話す。

「大好きな京都の町並み!」などと投稿

騒動の発端は、京都新聞(電子版)の2019年10月28日付記事「吉本・漫才コンビのツイート1回50万円 京都市がPR契約 識者『驚く額、誤解与える手法』」だ。

18年度に吉本興業に50万円を支払い、京都市出身の「ミキ」の2人にツイッターでPR投稿をさせたものの、市が広告主である旨が明確でなく、識者の話として「誤解を与える問題のある手法だ」と報じている。

投稿の一例を見ると、「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも,京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と京都市の関連サイトに誘導し、「#京都市盛り上げ隊」「#京都市ふるさと納税」「#京都国際映画祭2018」のハッシュタグが添えられていた。

この手法が、広告だと隠して宣伝する「ステルスマーケティング」(ステマ)の可能性があるとして、SNS上で物議をかもしている。

広告代理店などで構成する業界団体「WOMマーケティング協議会」が作成した広告ガイドラインでは、SNSなどで多数のファンを持つ「インフルエンサー」に報酬を支払い自社の商品・サービスをSNSなどで紹介させる場合、「PR」「タイアップ」「提供」など関係性がわかる文言を投稿に明記しなければならないと定めている。

木村祐一さん、ナダルさんらにも依頼

京都市市長公室は28日、J-CASTニュースの取材に「お2人にそれぞれ2回、計4ツイートしてもらいました」と話す。

同様の手法は、京都市が定めた「伝統産業の日」のPRの一環でも用いていた。17年度に吉本興業と50万円で契約し、木村祐一さん、ナダルさん(コロコロチキチキペッパーズ)、タナからイケダ、ミキの計4組にツイートしてもらったと明かす。

市長公室の担当者は「京都の伝統産業をPRしていくよう、その趣旨に則った形でツイートをお願いしました」とし、「いわゆるインフルエンサーと呼ばれる方のツイート価格をネットで確認した結果、フォロワー1人当たり3〜6円だったので、伝統産業の日のPRはかなり格安でした」と費用対効果の高さを主張する。

この手法が批判を集めている点には、「伝統産業の日の関連でいうと、PRというタグをつけるのがより分かりやすいというのはありましたが、伝統産業の日のハッシュタグをつけていました」「ステルスマーケティングが一番問題とされるのは、誤認させることだと思うので、そこで無いものをあると誤認させたり、品質をねじまげるたりするものではなかった」と"ステマ"には当たらないとの認識だ。

一方で、「色々なご意見を市民の方から頂いているので、より透明性の高い広報をしていこうと思っています」と、見直す考えもあるとする。

吉本興業の広報担当者にも見解を求めたが、「市の事業なので答える立場にない」との返事だった。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)