キムタクの「クズっぷり」が高評価 罵詈雑言を浴びる姿も目新しい?

キムタクの「クズっぷり」が高評価 罵詈雑言を浴びる姿も目新しい?

キムタクの「クズっぷり」が高評価 罵詈雑言を浴びる姿も目新しい?の画像

元SMAPの木村拓哉さん(46)が主演する「グランメゾン東京」(TBS系)の第2回が、2019年10月27日に放送された。

同作で木村さんは、かつてパリでレストランを開業して二つ星を獲得するも、自らの不徳で全てを失い日本に帰国し、再起をかけるフランス料理の天才シェフ・尾花夏樹を演じる。第2回は自己資金ゼロの状態で融資を受けるべくさまざまな金融機関を当たり、最終的に融資を受けることに成功する尾花らの姿が描かれたが、視聴者が注目したのは尾花の「クズっぷり」だった。

目的のためには手段を選ばない傍若無人さ

作中での尾花は、自らの信じる料理に向けて邁進するあまり、他者との軋轢を省みない破滅型の天才とでも言える存在。そのため、第2回では、かつてフランスで開業していた際の仲間や部下に協力を仰がなければならないシーンでも、ぶっきらぼうな態度がチラホラ。ドラマ序盤では料理を試作するも火力が弱いとして、パリ時代の同僚だった相沢瓶人(及川光博さん=50)の自宅の台所に転がり込んで試作に没頭するなど、周囲の迷惑を考えない態度が目立った。

また、中盤ではなかなか融資が受けられない状況に業を煮やし、共にレストランの開業を目指す料理人・早見倫子(鈴木京香さん=51)の実家の建物と土地を担保にしようと発案するなど、その強引さもあらわに。早見に反対されてすぐに引っ込めるなど致命的な対立には発展しなかったが、目的のためには手段を選ばない傍若無人さも露呈させた。

キムタクに「日本の恥」「落ちぶれた」...

あふれる才能をことごとく相殺してしまいそうな尾花の所業が目立った第2回だったが、放送後からネット上では視聴者から、「グランメゾン東京のキムタクがいい感じでクズで人間関係不器用で不完全なところいい」といった高評価が続々。「結局、パリの同僚は皆んな尾花に協力するのね。クズとか言いながらどこかで尊敬しているのかな!?」と、その才能は作中では誰もが認めるものであるとするツイートも出たほどだ。

また、作中では、パリ時代の同僚や部下から、容赦ない言葉を浴びるシーンが散見されたが、そのことについて、「木村拓哉が『日本の恥』『落ちぶれた』『クズ』『オッサン』と毎回罵詈雑言を浴びている」と、これまで木村さんが演じてきた役柄とは一線を画する役柄であるとの指摘も。このような意見に加え、

「みんなが優しくて、その優しさに甘えたままじゃ人としてダメ。尾花がどう変わっていくか、その辺りが今後の課題」
「料理以外の事はクズい尾花が色んな人の(特に倫子さん)の影響を受けて少しずつ変わっていくのもこのドラマの核だと思う」

と、ドラマの行く末に思いを馳せるツイートも見られる。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)