山本舞香、ペルーの砂漠で過酷ロケ 共演者「アナホリフクロウ」のNG続出を温かく見守る

山本舞香、ペルーの砂漠で過酷ロケ 共演者「アナホリフクロウ」のNG続出を温かく見守る

山本舞香、ペルーの砂漠で過酷ロケ 共演者「アナホリフクロウ」のNG続出を温かく見守るの画像

不動産総合デベロッパーのマリモ(広島市)は、女優の山本舞香さんを起用したテレビCMを2019年11月1日から全国で放映する。

撮影場所は、南半球の国・ペルー南西部のワカチナ。砂漠の中にあるオアシスの村で、ロケはとても過酷だったという。

度重なる撮り直しにも疲れを見せない役者魂

CMは「SUNRISE編」と「OASIS編」の2バージョン。砂漠を歩く山本さんが、様々な困難を乗り越えてオアシスにたどり着くが、それさえも通過点として先へ進んでいくというストーリーだ。

撮影が行われたのは、「春の乾期」にあたる比較的穏やかなシーズン。それでも昼夜の寒暖差は激しく、最高気温は30度弱、最低気温は10度弱だ。

風が吹くと目も開けられないような砂塵が舞うことも多く、そのたびに撮影が中断され、「風待ち」することが多々あった。

砂が舞うたびに撮り直しがあっても、山本さんは粘り強く撮影に挑み、疲れを見せずに演技に向き合っていたという。

また、唯一の共演者は「アナホリフクロウ」。何度もNGを重ねたが、山本さんは温かく見守っていた。SUNRISE編に収められている「ウインク」ショットが撮れた時には、スタッフと一緒に歓声をあげて喜んだそうだ。

CMが表現するマリモの「これまで」と「これから」

マリモは2019年9月に創業50周年を迎えた。

1970年に設計事務所としてスタートし、マンションメーカーを経て不動産総合デベロッパーへ。市街地再開発事業、収益不動産プロデュース事業、海外事業など様々な事業を展開してきた。

山本舞香さんは、映画、ドラマ、広告、モデル活動と様々なジャンルの表現にチャレンジし、成長を続ける女優。50周年を機に新たなスタートを切り、挑戦を続けるマリモの企業姿勢にマッチしたため起用された。

CMでは、同社のこれまでの歩みとこれから進んでいく世界を「先の見えない険しい砂漠」に例え、「どんなに厳しくてもオアシスを見つけてみせる」というフロンティアスピリットを映像化している。