菅田将暉の主演舞台で「スマホアラーム」「何かが光ってる」 マナー違反相次ぎ、主催者が対応強化

菅田将暉の主演舞台で「スマホアラーム」「何かが光ってる」 マナー違反相次ぎ、主催者が対応強化

菅田将暉の主演舞台で「スマホアラーム」「何かが光ってる」 マナー違反相次ぎ、主催者が対応強化の画像

俳優・菅田将暉さんが主演の舞台「カリギュラ」をめぐり、一部客の観劇マナーの悪さを指摘する声がインターネット上で相次いだ。禁止されている客席から写真撮影する、上演中は電源オフにするべき携帯電話の着信音が鳴る、といったことが報告された。

舞台を主催するホリプロは、「マナー順守のお願いを強化するような形などで対応している」ことをJ-CASTニュースの取材に明かす。担当者は「スマートフォンの音が鳴ることは、舞台を楽しみたいお客様にとっても、キャストやスタッフにとっても本意ではありません」としている。

「劇場内は写真撮影禁止ですよ?」

「カリギュラ」はフランスの劇作家アルベール・カミュの戯曲で、「暴君」として知られるローマ帝国3代皇帝のカリギュラ(菅田将暉さん)を題材としている。カリギュラを憎みつつ苦悩も理解する詩人シピオンを高杉真宙さん、カリギュラを最後まで支えるエリコンを谷田歩さんが演じるなど、実力派俳優が集結。演出は日本を代表する演出家・栗山民也氏が担当した。公演は新国立劇場(東京都渋谷区)の中劇場で、2019年11月9日から24日まで行われる。

だが公演開始後、ツイッター上では一部観客のマナーを具体的に指摘するこんな声が相次いだ。

「インスタのストーリーにカリギュラの劇場内の写真(もちろん舞台セットも写ってる)を載せてるひとがいた。昨日は隣の人がスマホならして、この前は前の座席の人達が幕間にずっと自撮りしてた。劇場内は写真撮影禁止ですよ?スマホの電源切るのは当たり前ですよ?」
「一番いいとこでスマホアラーム鳴り響かせた人はスタッフさん演者さんが命削ってやってる芝居に水を差した 下手端席でよく見えたけど後方客席ほぼみんな反射的に音のする方見たよあの瞬間あのクライマックスで あまりのタイミングに菅田くんが可哀想になったよ」
「暗転した時に気持ち座り直した時にたまたま何かが光ってるのが見えてしまってそれがずっと気になって。休憩後その方向見てたらケータイの何かのアプリを起動して服に隠してる人いた。あ、盗聴か...ってなった。とても腹立たしいのと悔しくなった」

ホリプロはツイッターでも禁止事項を呼びかけ

もちろん中には「私の観た回は大人が多くマナー問題なくカーテンコールも皆スタンディングで拍手が鳴り止まなかったよ」といった声もあるが、静寂な空間の中で一部の客が「悪目立ち」していることは否めないようだ。

同舞台を主催するホリプロは、ツイッターアカウント「ホリプロステージ」で10日、「『カリギュラ』客席内での撮影・携帯使用について」と題して注意喚起。「客席内でのカメラ・携帯電話などによる写真・映像の撮影、音声の録音、通話等は一切禁止とさせて頂きます 客席内での舞台セットの撮影は著作権の侵害となり、固くお断り致します 皆様のご協力をお願い申し上げます」と呼びかけ、これら禁止事項をまとめた画像もアップした。

同じ内容で17日にも再度投稿したが、同アカウントには

「周知の為には、上演直前や終演後に係員の方に掲示を持って会場を回って頂くとか、撮影されている方には直接お声がけして頂くなど方法をご検討頂いた方が良いかもしれません」
「もしできるなら会場の方でチケットを切る際に1人1人に電源を切る旨を伝えて頂くとか もしくはアナウンス、張り紙で効果が無いなら劇場内で休憩中この看板を持って呼びかけて頂くとか...舞台を守る為にもなにか良い策をお願いします」

といった要望がなおも寄せられる。

放送によるアナウンスだけでなく、スタッフの巡回を加える

目に余る観劇マナーの指摘が相次いでいる現状は21日、一部メディアでも報じられ、なおもネット上で議論が続いている。

ホリプロの公演事業部担当者は22日、J-CASTニュースの取材に「公演初日から注意事項のアナウンスはしておりますが、初めて舞台のお芝居をご覧になる方もいると思いますし、SNSを利用する方も多いと思いましたので、定期的に主催者の方からツイッターなどでお願いするようにしていました」とし、現場でのマナー順守の注意喚起について次のように説明する。

「注意喚起は公演開始当初から、ツイッターだけでなく、劇場内のロビーや客席の放送でも行っていました。場内の目立つところにマナー順守を呼びかける張り紙もしています。

それに加え、今週に入ってからは客席内の通路をスタッフが歩き、携帯電話の電源を切っていただくようにお願いしています。舞台の写真を撮る方はあまりいませんが、開演ギリギリまで携帯電話・スマートフォンを使用する方がいらっしゃいます。そういう方には直接お声掛けするようにもしています」

スタッフによる客席内での直接の声掛けを加えた理由はこう話した。

「劇場はお客様とキャスト・スタッフがともに時間を共有するものだと私たちは考えています。実際、お客様同士で注意し合ってくださる方々もいました。しかし、それでも違反する方もいました。

携帯電話やスマホの音が鳴ることは、舞台を楽しみたいお客様にとっても、キャストやスタッフにとっても本意ではありません。私たちとしてはお客様にお願いするしかなかったので、そのお願いを強化したような形です」

担当者によると、こうした対応をするようになった結果として、

「現在はご指摘のようなことは起こっていない状況です」

という。そのため、今後のさらなる対応については

「携帯電話の音も響いていませんし、これ以上することはないと思っています」

と話した。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)