アイルトン・セナがドライブ「マクラーレンMP4/8」ミニチュアカー

アイルトン・セナがドライブ「マクラーレンMP4/8」ミニチュアカー

アイルトン・セナがドライブ「マクラーレンMP4/8」ミニチュアカーの画像

出版業の三栄(東京都新宿区)は、ムック「GP Car Story」創刊30号を記念し、ミニチュアカー「マクラーレンMP4/8」の予約受付を、2019年12月2日から同社運営のクラウドファンディングサイト「モノコトメーカーズ」にて実行確約型で始めた。

クラウドファンディングにて発売 前期型&後期型2台セットなど用意

F1ドライバー「アイルトン・セナ」が1993年にドライブした「マクラーレンMP4/8」を、金属パーツとレジンを組み合わせた1/43スケールのミニチュアカーで再現。「GP Car Story」編集長が責任監修し、ディテールからロゴ、カラーリングまでを"完全版"としてプロデュースするという。

生産は精密ミニチュアカーモデルメーカーのメイクアップが担当。セナが最後にF1優勝を飾った同車の日本GP(グランプリ)仕様となっている。特典として、同誌のロゴステッカー、誌面をイメージしたクリアファイル、表紙イメージのポストカードが付属する。

価格は4万5000円(税込)。

クラウドファンディングでは早期割引のほか、前期型仕様(モナコGP)と後期型仕様(日本GP)の2台セット、セナと「マイケル・アンドレッティ」「ミカ・ハッキネン」という同車を駆った3人のドライバーにスポットを当てた3台セットのコースも用意する。