伊藤詩織氏に控訴の山口敬之氏は「カッコよくない」 松本人志見解に「そういう問題じゃない」

伊藤詩織氏に控訴の元TBS山口敬之氏に対するダウンタウン松本人志の見解に疑問の声

記事まとめ

  • 元TBS・山口敬之氏は伊藤詩織氏と同意なく性行為に及んだとして賠償命令が下された
  • 山口氏は控訴を表明し、ダウンタウン松本人志は「カッコ良くない」との見方を示した
  • ツイッターでは「は?かっこいいとか悪いの話してへんやろ」などと疑問の声もあがった

伊藤詩織氏に控訴の山口敬之氏は「カッコよくない」 松本人志見解に「そういう問題じゃない」

伊藤詩織氏に控訴の山口敬之氏は「カッコよくない」 松本人志見解に「そういう問題じゃない」

伊藤詩織氏に控訴の山口敬之氏は「カッコよくない」 松本人志見解に「そういう問題じゃない」の画像

ジャーナリストの伊藤詩織氏(30)と同意のないまま性行為に及んだとして東京地裁から賠償命令が下された元TBSワシントン支局長・山口敬之氏(53)が、判決後すぐに控訴を表明したことについて、「ダウンタウン」松本人志さんは「カッコ良くない」との見方を示した。

松本さんは2019年12月22日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で発言。ただインターネット上では「かっこいいか否かの問題じゃないよ」と疑問の声もあがった。

「男は謝るしかないですよね」

伊藤氏は15年4月、山口氏と食事をともにし、2軒目の寿司店で酩酊状態になった。山口氏は自身の宿泊するホテルに伊藤氏をタクシーで連れて行った。伊藤氏は意識のない中で性的被害を受けたと主張し、民事裁判で山口氏に1100万円の損害賠償を請求。一方の山口は、同意があったとして1億3000万円の損害賠償を求めて反訴した。

東京地裁は19年12月18日、伊藤氏勝訴の判決を下し、山口氏に330万円の賠償を命じた。山口氏の反訴は棄却された。だが山口氏は、伊藤氏の主張のみが受け入れられてしまっているとして、判決当日に控訴する意向を表明した。

両者の主張が対立する中、22日の「ワイドナショー」で松本さんはこんな見方を示した。

「密室のことですし、どういうやり取りがあってどういう流れか分からないですけど、間違いなく言えるのは、女性(伊藤氏)の方は嫌だった、納得していない、思い出すのが嫌になるということ。そうなると男は謝るしかないですよね」

伊藤氏は当時、ホテルを出てすぐ産婦人科を受診。警察に相談し、被害届を出していた。警察は準強姦容疑で刑事事件として捜査していたが、東京地検は16年、山口氏を不起訴処分としている。

「もし逆転で勝訴したとしても...」

民事裁判で敗訴した山口氏について、松本さんは、

「これまた控訴したところで、もし逆転で勝訴したとしても、山口さんカッコ良くないですよね。うん。どこまでいっても、こうなっちゃうとカッコ良くないので」

と苦々しい顔で見解を述べた。ゲストの泉谷しげるさんは「うん、カッコ良くない。みっともない」と頷いていた。

ただ、こうしたセンシティブな問題で松本さんが「カッコいい」かどうかの尺度を持ち出したことには疑問の声も。ツイッターでは、

「は?かっこいいとか悪いの話してへんやろ」
「かっこいいか否かの問題じゃないよ」
「かっこ良くないなんて中途半端な言葉で濁さないで欲しい」
「伊藤詩織さんの件で、山口さんも女性が嫌だったと言ってるんだから謝るしかしょうがない。カッコよくないって、またなんかズレたこと言ってるよな。松本人志」

といった声があがっている。