「360度ジブリの世界」ミニ置時計 第1弾は「トトロ」「魔女の宅急便」そして...

「360度ジブリの世界」ミニ置時計 第1弾は「トトロ」「魔女の宅急便」そして...

「360度ジブリの世界」ミニ置時計 第1弾は「トトロ」「魔女の宅急便」そして...の画像

キャラクターグッズを取り扱うベネリック(東京都千代田区)は、スタジオジブリ作品のミニ置時計5種を、2019年12月下旬に順次発売する。

来年1月には「ラピュタ」「もののけ姫」登場

「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」などに登場するキャラクターやモチーフを細部まで再現した、それぞれの作品の世界観が楽しめる立体の置時計シリーズ。360度、どの角度から見ても躍動感あるリアルな作りとなっている。置時計の文字盤も各作品の雰囲気に合わせ、自然に溶け込むようデザイン。時計としての機能はもちろん、インテリアとしても活躍するという。

「となりのトトロミニ置時計どんどこおどり」(4800円)、「魔女の宅急便ミニ置時計ジジとぬいぐるみジジ」(4500円)、「千と千尋の神隠しミニ置時計帰ってきた坊」(4000円)をラインアップ。また、20年1月には「天空の城ラピュタミニ置時計ロボット兵の望み」(5800円)、「もののけ姫ミニ置時計サンのお面の上で」(4500円)も発売する。

全国のどんぐり共和国、オンラインショップそらのうえ店で取り扱う。

価格はいずれも税別。