オリラジ中田敦彦の「YouTube大学」 ファンの反応を見てみると...

オリラジ中田敦彦の「YouTube大学」 ファンの反応を見てみると...

オリラジ中田敦彦の「YouTube大学」 ファンの反応を見てみると...の画像

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さん(37)のファンの間で、昨年から「YouTube大学」が話題となっている。「YouTube大学」とは、中田さんが2019年4月に開始したYouTubeチャンネルだ。

気になるその内容だが、慶應義塾大学卒業の中田さんが提案する、分かりやすさを重視した勉強法を紹介するもの。扱っている科目は高校生レベルの世界史、日本史、政治経済が目立つほか、哲学の内容を特集することもある。では、ファンからは、どのようなコメントが出ているのだろうか。

「勉強の楽しさを教えてくれてありがとうございます!!」

YouTube大学は、授業を行う中田さんの姿をファンが動画を通じて視聴するため、ファンの間では「教育チャンネル」と位置づける動きもあり、動画のコメント欄には「私のささやかな楽しみであり貴重な学びの場」といったコメントが殺到している。

ただ一方で、その内容が物議をかもしている。20年1月中旬には、19年5月に公開した動画をめぐり、第2次世界大戦の説明について事実誤認があるのではないかと指摘され、注目を集めた。これ以前にも、イスラム教についての解説が不正確なのではと指摘され、ネット上で話題になるなどした。

そこで、改めて「YouTube大学」のサイトで最新の動画を見てみると、指摘があった後にも多数のコメントが寄せられていることが分かる。ファンの間には多少の動揺が走っているかと思いきや、コメントの多くは、「中田さんのおかげで歴史に興味がでて、自分でも勉強し始めました。勉強の楽しさを教えてくれてありがとうございます!!」といった、中田さんを絶賛するものが続々。ほかにも、「この授業をうけるようになって ないようもいいけど 人に伝える方法も 学べています」といった、中田さんの話し方を絶賛する声も寄せられており、これといった動揺はみられない状況だ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)