バレー男子「勝つ姿」見せる時 清水邦広は北京の借りを東京で返す【特集・目指せ!東京2020】

バレー男子「勝つ姿」見せる時 清水邦広は北京の借りを東京で返す【特集・目指せ!東京2020】

バレー男子「勝つ姿」見せる時 清水邦広は北京の借りを東京で返す【特集・目指せ!東京2020】の画像

1972年ミュンヘン五輪で金メダルを獲得した日本男子バレーボールだが、その「ミュンヘンの奇跡」以降は世界戦で輝きを見せられていない。

だからこそ、バレーボール男子日本代表の清水邦広選手(パナソニックパンサーズ)は「何としても結果を残さないといけない」と2020年東京五輪への決意を熱く語る。

「2008年北京五輪の出場権を獲得して、一時的にバレーボールも盛り上がりました。でも、本大会で勝てないと、やはり熱気は続かない。今、バレーボール人気は高いとは言えません。バレーボールを盛り上げるため、競技人口を増やして新たなスターを出すためにも、地元開催の東京五輪では勝つ姿をみせなければ」

東京で勝つために、何が必要なのか。(インタビュアー・石井紘人 @ targma_fbrj)

五輪出場を当たり前にしないと結果残せない

――清水選手は2007年、弱冠20歳で日本代表に選ばれました。そして、2008年北京五輪に出場し、2009年ワールドグランドチャンピオンズカップでは32年ぶりの国際大会の銅メダルとベストスコアラー賞を獲得。その後、V・プレミアリーグ(現V.LEAGUE Division1)ではパナソニックの優勝や個人タイトルを多く手にしていますが、思い出に残っている大会を教えてください。

清水 北京五輪は、16年振りに五輪に出場出来たことはうれしかった半面、一番悔しかった大会です。5戦全敗だったので...。だからこそ、翌年のワールドグランドチャンピオンズカップで銅メダルを取れたことは、本当にうれしかったです。

――なぜ北京五輪では勝てなかったと思いますか。

清水 あの時は、とにかく五輪に出場することが男子バレーボールの目標でした。一方で、他国は五輪でメダル獲得を目標としていた。準備のうえで、出場することで満足してしまった僕たちと根本的な差があることを突き付けられた大会だったのではないかと思います。五輪に出て感じたのは、出場を当たり前にしないと結果は残せないということです。だから、五輪には毎回出られないといけません。

――北京五輪翌年のワールドグランドチャンピオンズカップは、準備上の課題をクリアしたからメダルを獲得できたのでしょうか。

清水 そうですね。本当に強豪国ばかりで、一勝するのも難しいレベルの高さの中、僕たちは勝つための準備を行っていました。そして、銅メダルを獲得出来た。日本にとって凄く大きな経験を積めたと思います。

「ニッポン、チャチャチャ」が好プレーにつながる

――東京五輪で初めて男子バレーボールを見る人もいると思います。ファンに、日本や清水選手のどういったプレーを見てほしいですか。

清水 今の日本には、世界にひけをとらないサーブ力があります。個人のサーブによる得点だけでなく、チームの作戦としてサーブで相手陣形を崩すこともできます。日本人選手は身長が低いのでブロック力は劣ったとしても、それを補うのがサーブとレシーブです。サーブで崩して、ディフェンスで(ボールを)取って、コンビネーションでスパイクを決められたら日本のリズムになります。
僕のプレーは......以前は高いジャンプからのフルスイングのスパイクがメインでしたが、怪我をしたこともあって、ジャンプ力が元には戻りません。ですが、その分、得点をとるバリエーションが増えたと思います。たとえば、ブロックアウトをとったり、コースを抜いたり。相手の嫌がるプレーが出来るようになりました。

――清水選手の思う、バレーボールの魅力とは何でしょうか。

清水 試合中に、ファインプレーが起きそうな空気感が生まれる時があります。たとえば、とれないであろうボールが繋がり、打てないであろうボールを打ちにいって決まる。そういったワンプレー、ファインプレーの連鎖があると、「これは繋げないと」という思いが生まれ、最後に得点となる。そういった「流れ」は醍醐味だと思います。逆に、相手の「流れ」になりそうだなと感じる時もあります。その時は、チームでコミュニケーションをとって、守りにいくこともあれば、受け身に回らずに攻めに出ることもあります。

――嫌な「流れ」になった時の、観客からの「ニッポン、チャチャチャ」は後押しになりますか。

清水 なります。今回のワールドカップ(2019年10月開催)もそうですけど、そういった応援のおかげで、良いプレーの連続があったと思います。応援を受けて、頑張っていた選手の状態がさらに上がることで、今まで繋がらなかったボールや決めきれなかったボールが決まったりするのです。
東京五輪は自国開催ですので、ファンの皆様と一緒に戦っていきたいですね。

清水邦広(しみず・くにひろ)
1986年8月11日生まれ。福井県福井市出身。ポジションはオポジット。
2007年、東海大学在学中の20歳で日本代表に選出。2008年、北京五輪世界最終予選を経て、福澤達哉とともに最年少の21歳で北京五輪に出場。
2009年4月、パナソニックパンサーズに入団。11月に開催されたワールドグランドチャンピオンズカップでは全日本男子32年ぶりの国際大会の銅メダル獲得に貢献し、ベストスコアラー賞を受賞。V・プレミアリーグではパナソニックの2年ぶりの優勝で、最高殊勲選手賞、スパイク賞、ベスト6に輝いた。
2013/14V・プレミアリーグにおいて、パナソニックの2年ぶり優勝に大きく貢献し、自らも二度目となるMVPとベスト6、スパイク賞を受賞した。
2018年、右前十字靱帯損傷するも2019年に見事復活を果たした。