初代「デジモン」完全新作と言うけれど キャラ一緒でも設定は現代で古参ファン困惑

初代「デジモン」完全新作と言うけれど キャラ一緒でも設定は現代で古参ファン困惑

初代「デジモン」完全新作と言うけれど キャラ一緒でも設定は現代で古参ファン困惑の画像

20年ほど前の人気テレビアニメ「デジモンアドベンチャー」第1作が、完全新作テレビアニメ「デジモンアドベンチャー:」として2020年4月から放送されると発表された。

これを受け、ツイッターのトレンドワードには「デジモン」がランクイン。「マジか!これは観るしかねぇな!」、「嬉しすぎて死にそう」など興奮するユーザーがいる半面、「デジモン第一作を完全新作アニメにって言うのが?てなった それリメイクじゃないの?ようするに??」、「デジモン無印完全新作アニメ何!?リメイクってことかな!?」と困惑するファンが後を絶たない。

物語は新展開「完全新作なのか、リメイクなのか」

「完全新作なのか、リメイクなのか」と混乱を招いた原因は、4月に放送開始する「デジモンアドベンチャー:」のキャラクターとストーリーにあるようだ。同作の主人公は「デジモンアドベンチャー」第1作と同じく、小学生の「八神太一」。そのパートナーもまた、二足歩行の爬虫類型デジモン「アグモン」だ。しかし物語はデジタル技術が進化した現代社会を舞台に、新たな展開が描かれる。そのため、

「完全新規ストーリーなら、わざわざ昔のキャラクター使う必要なくない??新しいデジモンアドベンチャー作ればいいのになー」
「デジモンのアニメこれはリメイクと考えていいの?それとも完全新作??でも、主人公太一だよね??」
「完全新作ならば、元々のデジモンアドベンチャーのキャラに頼るのはさらさらおかしくて」

このように、第1作のキャラクターが登場するにもかかわらず「完全新作」だとうたわれていることに、懐疑的な見方を示すファンが多いと思われる。

オープニング主題歌だけは変えないで

「デジモンアドベンチャー」第1作は、1999年3月から2000年3月まで放送され、当時携わっていたキャストやアーティストの中には既に亡くなっている人がいる。

そのため「デジモンアドベンチャー:」でキャラクターの声優が変わることは「仕方ない」と受け止めているファンが多数派だが、2016年に亡くなった歌手・和田光司さんの楽曲で、オープニング主題歌だった「Butter-Fly」だけは変えないでほしいと熱望するツイートが多い。

「和田さん主題歌のデジモンじゃないとデジモンじゃないよぉ......」
「主題歌は勿論、butterflyなんだろうな?」
「内容が変わるなら主題歌はそのままでお願いしたいデジモン...」

なお1月21日時点で、主題歌やキャストは発表されていない。