柏木由紀、変装なしで竹下通り歩くも「また」気づかれず YouTube企画で意気消沈→ところが...

柏木由紀、変装なしで竹下通り歩くも「また」気づかれず YouTube企画で意気消沈→ところが...

柏木由紀、変装なしで竹下通り歩くも「また」気づかれず YouTube企画で意気消沈→ところが...の画像

AKB48の柏木由紀さんが2020年2月26日、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」を更新し、「原宿を歩いても正体がバレるかどうか」を検証した。

普通に街に溶け込んでしまう

今回公開された動画は「街で声をかけられるまで帰れません!」をテーマに、柏木さんが原宿の竹下通りを歩くという内容のもの。

柏木さんは過去にもツイッターなどで、街を歩いていても本人だと気づかれない、それどころかスカウトされてしまった、といったエピソードを明かしている(柏木由紀が「スカウトされた」何度も報告 バレない理由は「プロ意識の高さ」にある?)。

柏木さんは「普段プライベートで街を歩いていても、本当にバレない!声をかけられない!!というわたしならではの企画です」とコメントし、「誰にもバレずに歩くことが出来るか?」という企画が多い中、逆の方向性にチャレンジしたことを明かしている。

「声もかけられたこと覚えてないぐらい」街中での存在感が薄いと自負する彼女は、街中で誰かに声をかけられるまで帰ってはいけないというルールを制定。ロングコートにマフラーと帽子を着用し、自撮り棒を持つという限りなく「リアルを追求した」格好で若者の街・原宿の竹下通りを歩くことに。

現地に到着し、これみよがしに自撮り棒をかざしながらメインストリートを歩くも、そのまま街に溶け込んでしまった柏木さん。「通り過ぎていく人誰も見てない!」「こんなに顔出してるのに!」「こんな自撮り棒もって歩く人なんかいないはずなのになぁ...悲しい」と独り言を連発するが、出口まで歩いても声をかけるファンは現れなかった。

ついに気づいてくれたのは...

その後、「顔が見えないからかな」と考察した彼女は、スヌードを外し、再度竹下通りに突入。それでもスルーされるという現実に「帰りたい...」と弱音を吐いている。

諦めかけたその時、あるカップルに「ゆきりん(柏木さんのあだ名)ですか?」と声をかけられた上、男性の小学校の先生が柏木さんの叔父だったという衝撃の事実まで判明。彼はファンレターまで書いていたらしく、「サイン色紙の返事をもらった」という思い出が語られ、これには柏木さんも「ありがとう!!」と興奮した様子を見せていた。

ここで一件落着と思いきや、柏木さんは「普通もうちょっとバアーなりますよね」と人が集まりすぎて混乱が生じる程ではなかったことに、残念そうな表情をチラリ。次回は渋谷で、5分以内に声をかけられることを目標に動画を撮影したいと話している。