「発売当日にCDを買いに行かせるの」 あゆドラマ「自社買い匂わせ」シーンに視聴者ビックリ!

「発売当日にCDを買いに行かせるの」 あゆドラマ「自社買い匂わせ」シーンに視聴者ビックリ!

「発売当日にCDを買いに行かせるの」 あゆドラマ「自社買い匂わせ」シーンに視聴者ビックリ!の画像

歌手の浜崎あゆみさん(41)の自伝的小説を実写化ドラマ化した「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第5回が、2020年6月20日に放送された。

ドラマでは福岡県から上京してスターを目指すアユ役を歌手の安斉かれんさん(20)、アユを発掘してスターの座に押し上げるプロデューサー・MAXマサ役を俳優の三浦翔平さん(32)がそれぞれ務める。第5回となる20日の放送では、アユが念願のデビューを1998年4月8日に果たすものの、同日にデビューした女性4人組ユニット「AXELS」と熾烈なランキング争いを繰り広げる様子などが描かれたが、中でも視聴者の注目を集めたのは、「CDの自社買い」を匂わせたシーンだった。

「これも、プロモーションなんじゃないかなー。法律違反でもないでしょう?」

AXELSのプロモーションが思うように進まず、会議室で1人机をたたく「a victory」のプロデューサー・流川翔(白濱亜嵐さん=26)。そこに現れたのは、重そうなジュラルミンケース3個を台車に乗せたマサの秘書・姫野麗香(田中みな実さん=33)だった。ジュラルミンケースを示しつつ、

「大浜社長がね、『あれ、使っていい』って。プロモーション費として」
「あれでバイトを雇って、AXELSの発売当日にCDを買いに行かせるの。10万枚以上は買えるはず」
「これも、プロモーションなんじゃないかなー。法律違反でもないでしょう?」

と誘惑する麗香に対して当初は拒絶反応を示す流川だったが、AXELSのメンバー・玉木理沙(久保田紗友さん=20)の「マサ専務のいるアユが、うらやましいです」の言葉を思い出し、翻意。「禁断の果実」に手を出した流川によって、AXELSはデビューシングルでアユに対し、2ランク上のオリコン初登場18位の戦績を収め、見事、アユに「勝利」したのだった。

その後、2ndシングル対決の際にも大浜社長からの「実弾」が届けられたが、結果はAXELSとアユは同順位の20位。そして、3ndシングルの対決では、アユ9位に対し、AXELSはなぜか50位と急落してしまったのだった。

これら、AXELSのCDの「自社買い」を匂わせるシーンについて、視聴者からは「ドラマとはいえCD自社買いとかいいんですか」といった声がツイッター上に噴出。「AXELS、自社買いがなかったらほぼ売れてないのか......」「50位...そりゃ自社買いじゃ限界来るわな」と、AXELSの「残念ぶり」に驚く声も上がった。

「所詮は噂の域なのだが」「自社買いって当時ネットで噂された事あったよね」

これら、視聴者を大きくザワつかせた「自社買い」の演出だが、音楽の流通が配信メインとなる前までは多数の会社が手を染めているとする言説がまことしやかに語られており、ネット掲示板では、「1人で数十枚と見られる常軌を逸した枚数をレジに並べている客をCD店で見た」などとする書き込みがなされるなど、穏やかではない「怪情報」が流布されていたのだ。

そのため、ツイッター上には前述の声のほかにも、「今日のm愛すべき人がいて凄いな。所詮は噂の域なのだが」「自社買いって当時ネットで噂された事あったよね 実際そんな事があったかどうかは定かでないけど」といった、当時を懐かしむ声も続々。さながら「都市伝説」のように流布していた話が演出に取り込まれていたことで、多くの視聴者がザワついてしまったようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)