ローラが退所、今後の活路は? テレビ本格復帰かYouTuberか...

ローラが退所、今後の活路は? テレビ本格復帰かYouTuberか...

ローラが退所、今後の活路は? テレビ本格復帰かYouTuberか...の画像

モデルのローラさん(30)が2020年7月1日未明、所属事務所「LIBERA」を退所したことをインスタグラムで発表した。

「今日は皆様に発表があります。2020年6月30日をもって約14年間お世話になった事務所LIBERAを退所する事になりました」と切り出したローラは、「14年間という道のりの中で、一緒に頑張って歩んできた事務所のみなさんにとても感謝をしています。本当にありがとうございました」と、事務所への感謝を表明。併せて、「この先も自分らしく、多くの皆さんに夢や希望をお届けできるように頑張っていきます」と、今後についても言及している。

事務所退所を発表したローラさんに対しては、ネット上ではツイッターを中心に、「フリーでも頑張って下さい!応援しています」といった声援が続々。他にも、「ローラは独立してもやっていけそう」と、事務所からの独立後も問題なく活動を続けられそうだとする声も多い。ただ、その一方で、「もうテレビでお金は稼げませんからね」と、ローラさんの今後について必ずしも好材料ばかりではないとする声も上がっているのだ。

バラエティーへの復帰を果たすも、「そろそろ落ち着いてほしい」

ローラさんといえば、2017年10月には「女性自身」が、米・ロサンゼルスへの移住を報じるなど、近年は活動拠点が海外であることが多く、このためか、翌18年以降は、それまで本人にとって主戦場といえるテレビのバラエティー番組からは姿を消し、CMを中心とする露出がメインとなっていた。ただ、20年1月には、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)、「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(TBS系)、「BACK TO SCHOOL!」(フジテレビ系)と立て続けに3つのバラエティー番組に出演するなど、以前の勢いを取り戻したかに見えた。

しかし、その後はバラエティー番組への目立った出演は見当たらず、せっかくの勢いが途切れてしまっている状況。加え、これら3番組に出演した際に視聴者から上がった反応は「ローラさんにめちゃくちゃイラついたわ。そろそろ落ち着いてほしい」といった、ローラさんの態度がバラエティー番組に調和していないとする声が噴出するなど、ローラさんが以前のようにバラエティー番組で輝いているかというと、必ずしもそうとは言えない状況が出始めているのだ。

さらに、ローラさんが日本を留守にしている間に、ローラさんと競合しかねないキャラが次々と登場しているのも事実。視聴者の間で、軽妙なトークがキャラ被りしているとされるのが、モデルの滝沢カレンさん(28)。また、ビジュアルおよび英語力で競合しているとされるのがモデルの谷まりあさん(24)。2人もローラの得意分野をこれでもかと押さえている人物である上、昨今、バラエティー番組で勢いを増している人物だ。さらに、よくよく考えれば、ローラさんが去った芸能事務所「LIBERA」にはモデルのダレノガレ明美さん(29)がいるわけで、2020年中に30歳になるという同い年のダレノガレさんもまた、ローラさんがテレビ出演する際に脅威となり得る存在である。

YouTuberとしてはすでに一流のローラさん

これら、独立後にテレビで活躍するのには悪条件が多いように思われるローラさん。ただ、テレビにこだわらなければ活路は十分に見いだせるのではないだろうか。それは、ズバリ、YouTubeだ。

ローラさんは2020年1月8日にYouTuberデビュー。チャンネルでローラさんはメイクやトレーニングといった美容に関する情報を発信しており、再生回数が100万回を超える動画を量産しているほか、チャンネル登録者数は7月1日時点で63.8万人に達するなど、すでに一流YouTuberとして活動している。チャンネルは事務所からの独立後の1日夜現在で消滅しておらず、今後も情報発信はこれまで通り同じアカウントから行われるとみられることから、情報発信に関しては何ら不安要素はないようにみえる。しばらくはYouTuberとして勢力を広げつつ、テレビでの情報発信の機会をうかがうというのが、ローラさんにとっての当面の最善策となるのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)