宝塚公演再開は「黄金世代」から... 新時代を支える95期トップスターたち

宝塚公演再開は「黄金世代」から... 新時代を支える95期トップスターたち

宝塚歌劇きょうから公演再開

宝塚公演再開は「黄金世代」から... 新時代を支える95期トップスターたち

宝塚公演再開は「黄金世代」から... 新時代を支える95期トップスターたちの画像

宝塚歌劇団は2020年7月17日から宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で、31日から東京宝塚劇場(東京都千代田区)で中止していた公演を再開する。

およそ4カ月ぶりの公演再開だが、東西で始まる公演のトップスターは偶然にもどちらも「黄金世代」の95期生。この期には他にも各組で活躍するスターが勢ぞろいで、106年の歴史の中でも稀に見る「スター軍団」だ。舞台エンタメに再び活況をもたらす期待も彼女たちにかかるだろう。

新トップ2人の持ち味は?

95期生は2007年に宝塚音楽学校に入学、2009年に初舞台を踏んだ。これまでにトップスター2人(柚香光さん・礼真琴さん)とトップ娘役3人(実咲凛音さん・愛希れいかさん・妃海風さん)を輩出し、スターへの登竜門とされる新人公演の主演経験者は合計7人を数えた。

再開第1弾の宝塚大劇場花組公演「はいからさんが通る」で大劇場お披露目公演となる柚香光(ゆずか・れい)さんと、東京宝塚劇場星組公演「眩耀の谷/Ray」で東京お披露目公演となる礼真琴さんがいずれも95期生で、東西で95期トップスターが公演再開の先陣を切る。「はいからさんが通る」は柚香さんが2016年に主演した公演の再演で、長身で華やかな容姿とダンスが身上の柚香さんは、伊集院少尉役で軍服を華麗に着こなして好評を得た。

礼さんはこのスター揃いの95期にあって首席入団で、三拍子そろった実力を若手時代から評価されていた。ショー「Ray」では礼さんのダンスを生かしたダンスシーンも展開される。次の大劇場・東京宝塚劇場公演では、かつて新人公演で主演したフレンチミュージカル「ロミオとジュリエット」主演も決まっている。柚香さん・礼さんともお披露目公演が延期・中断となったが、その分再開を待ちわびたファンの期待は大きく、劇場の熱量も熱くなるだろう。

前途洋々のスターたち

すでにトップスターとなった柚香さん・礼さんのほかに新人公演主演を経験した95期男役は、花組に水美舞斗(みなみ・まいと)さん、月組に月城かなとさん、雪組に朝美絢さん、星組に瀬央ゆりあさん、宙組に桜木みなとさんが在籍。全員が既に宝塚バウホール(宝塚市)での公演で単独主演を果たし、それぞれ組に不可欠な活躍をしている。水美さんは前回の「はいからさんが通る」で鬼島軍曹役を演じ、柚香さんと息のあった舞台を見せた。今回も同役での好演が期待される。

長身で端正な容姿の月組2番手の月城さんは雪組出身で、次の大劇場公演は「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」。公演日程は未定だが、「WELCOME TO TAKARAZUKA」が日本物ショーなので、雪組時代から培った日本物のスキルに注目だ。雪組の朝美さんは前回公演「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で異例の女役を演じながらも、持ち味の美貌が光っていた。

星組の瀬央さんは主演のバウホール公演「龍の宮物語」(2019年)が好評で、硬質な男役らしさが浦島太郎伝説をモチーフにした幻想的な作品を彩った。宙組の桜木さんは延期となった主演公演「壮麗帝」を8月に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演予定で、オスマン帝国の皇帝スレイマン1世を演じて壮大な歴史劇に挑む。

入団から11年を経て、95期の男役はますます円熟の時期に差し掛かり、今後トップスターとなるスターも現れるだろう。約4カ月という公演中断は阪神・淡路大震災、東日本大震災でもなかった非常事態だが、二度の震災を乗り越えたように、95期生だけでなく生徒一丸となって公演を盛り上げていくだろう。

宝塚歌劇は2024年に110周年を控えている。本拠地での公演再開は朗報だが、さらに満員の劇場が蘇る時が宝塚にとっても新しい日常の回復であり、その時はどんな作品の中でスターは観客を魅了してくれるだろうか。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)