コロナ禍が「ハロプロ」にもたらした新境地 ハロコン、ソロフェス...切磋琢磨の先にあるものは

コロナ禍が「ハロプロ」にもたらした新境地 ハロコン、ソロフェス...切磋琢磨の先にあるものは

コロナ禍が「ハロプロ」にもたらした新境地 ハロコン、ソロフェス...切磋琢磨の先にあるものはの画像

ハロー!プロジェクト(ハロプロ)は、恒例の夏のコンサート「Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜」(ハロコン)を2020年7月から8月にかけて開催する。7月11日、12日に行われた東京・中野サンプラザ公演を皮切りに、全国6都市での開催となる。

今回のハロコンはグループの楽曲ではなく、外部アーティストの楽曲のみでセットリストを構成、ソロ歌唱のみという新演出を試みた。その前にはCS番組「ソロフェス!」でもメンバーが多彩なパフォーマンスを見せている。コロナ禍に直面しても、ハロプロはなお表現の幅を広げようと前向きだ。とりわけソロでのパフォーマンスに改めてスポットが当たる意義は大きい。

名だたる名曲がセットリストにずらり

今夏のハロコンでは事前に歌唱曲を公開し、出演日ごとに3チームに分かれてシャッフル形式で1人1曲を歌唱する構成。誰がどの曲を歌うかは当日まで秘密となったが、カバーする楽曲の顔ぶれが実に多彩だ。

7月11日、12日の公演では、「スローモーション」(中森明菜さん)「セーラー服と機関銃」(薬師丸ひろ子さん)あたりはアイドルらしく往年のアイドル歌謡をカバーしたという印象だが、「さよなら」(オフコース)「I LOVE YOU」(尾崎豊さん)「駅」(竹内まりやさん)などの名曲、「もののけ姫」(米良美一さん)「糸」(中島みゆきさん)といった難度の高い楽曲もあり、さらに近年の「打上花火」(DAOKOさん)「Lemon」(米津玄師さん)まで多岐にわたる。男性アーティストやグループの楽曲も珍しくなく、さながらハロプロによるポップス50年史のようだ。

これをメンバーがソロで歌うため、じっくり歌唱を鑑賞できる。コールなし・着席での観覧で、舞台に集中できるメリットが現れたようで、推しているメンバー以外のスキルの高さも実感できたという感想もあった。

「ソロフェス」でハロプロの名曲を自分流に表現

ハロコンでは約20年間に蓄積されたハロプロ楽曲を歌うことはなかったが、7月4日には特別番組「ソロフェス!」がCSテレ朝チャンネルとスカパー!オンデマンドで放送された。こちらでは5グループ52人が全員ソロでハロプロ楽曲を歌唱する。現グループからOGの楽曲まで1曲も重複せずに約5時間をかけて番組は続いた。

現在の5グループの曲はもちろん、セットリストに上ったアーティストは℃-ute、Berryz工房、Buono!、こぶしファクトリー、カントリー・ガールズ、タンポポ、メロン記念日、あぁ!、松浦亜弥さん、藤本美貴さん、後藤真希さん、真野恵里菜さんと様々だったが、全てハロプロに在籍したアーティストであり、層の厚さを改めて実感させられる。

すべて生歌で、ただ歌唱するだけでなく楽器演奏に挑戦したり(モーニング娘'20・北川莉央さん、つばきファクトリー・小野瑞歩さん、BEYOOOOONDS・小林萌花さんら)、創作した振り付けで踊ってみせるメンバー(アンジュルム・川村文乃さん、つばきファクトリー・秋山眞緒さん、モーニング娘'20・加賀楓さんら)も現れた。他にもメンバーがアイデアを凝らし、個性的な演出で自分たちの出番を盛り上げていた。

そしてメンバーによる投票でMVPを決め、賞品として番組プロデュース権までも与えられる本気ぶりである。ハロプロで開催されてきた「研修生実力診断テスト」になぞらえて「現役の実力診断テスト」とまで視聴したファンからは評された。MVPは川村文乃さんに決まった。

ソロフェスで先輩たちの楽曲を自分流に表現してみせ、ハロコンでは外部のアーティストの名曲に挑戦したメンバーのこの夏の経験は必ず糧になっているし、観客も開拓されたハロプロの新境地を堪能できただろう。

(J−CASTニュース編集部 大宮高史)