立川志らく、PCR検査陰性を報告 グッとラック!「等身大人形」が代演

立川志らく、PCR検査陰性を報告 グッとラック!「等身大人形」が代演

立川志らく、PCR検査陰性を報告 グッとラック!「等身大人形」が代演の画像

落語家の立川志らくさんが、PCR検査を受け、新型コロナウイルス陰性だったことを明かした。

志らくさんは2020年8月4日、自身がMCを務める「グッとラック!」(TBS系)と、コメンテーターを務める「ひるおび!」(同)を欠席。発熱と倦怠感があったためと説明されていた。

「代わりに私の等身大の人形がお相手します」

志らくさんは翌8月5日にも番組を欠席していたが、同日にツイッターを更新し、

「PCR検査とCTの検査を受けまして運良く陰性でした」

と陰性の診断を受けたと報告。しかし、大事を取り、

「本日は念のため、グッとラック、ひるおびはお休みさせて頂きます」

と引き続き番組を休むことを明かしていた。

また、「グッとラック!」には志らくさんのパネルが置かれていたが、これについて、

「代わりに私の等身大の人形がお相手します」

と説明。

「皆様にご心配をおかけしました」

とつづっていた。

また、志らくさんは今回自身がスムーズに検査を受けられたことについて、

「何故私を含めた芸能人やスポーツ選手がいち早くPCR検査を受けられるのか」
「それについてはきっちり話をすべきですね」

と言及。

「私なりの理由はありますが、そこのところは番組に復帰した際、専門家の先生に話を伺いながらお話しさせて頂きます」

と説明することを約束していた。

この報告に志らくさんの元には、

「ほっとしました!ゆっくり養生してください」
「よかったです、安心しました」

という声が集まっていた。