石原さとみに視聴者は操られている!? 毎回「イライラ」しちゃうのは「計算のうち」なのかも

石原さとみに視聴者は操られている!? 毎回「イライラ」しちゃうのは「計算のうち」なのかも

石原さとみに視聴者は操られている!? 毎回「イライラ」しちゃうのは「計算のうち」なのかもの画像

女優の石原さとみさん(33)が主演する「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第4回が2020年8月6日に放送された。

同ドラマは漫画家の荒井ママレさんの「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作(医療原案は富野浩充氏)。石原さん演じる「萬津総合病院」薬剤部の薬剤師・葵みどりが日々奮戦する様子を描く、日本の連続ドラマで初めて病院薬剤師が主役のドラマとして注目を集めている。

主人公のキャラに「イライラする」という声も

第4回となる6日の放送では、自宅で倒れ、みどりの勤務先の病院である「萬津総合病院」に搬送され、摂食障害の診断を受けた中華料理屋の娘・樹里(久保田紗友さん=20)をめぐるエピソードと、みどりの同僚の羽倉龍之介(井之脇海さん=24)の父・龍一(菅原大吉さん=60)がむち打ち症で、やはり萬津総合病院に搬送され入院するエピソードが同時進行で描かれ、「家族」をテーマにした放送回となった。

これら、第4回に対しては「今日も惹かれる内容だったなぁ」といったツイートが上がるなど放送に満足したとの声が続々。ただ、その一方で、「アンサングシンデレラの石原さとみイライラする」といった声も上がっているのだ。

実は、この手の声、同作の第1回の放送後からすでにツイッター上に散見される声であり、第1回が放送された7月16日以降、放送の度にネット上に噴出していたのだ。いくつか例を挙げると、同日には「石原さとみは可愛い しかし、観てるとイライラする」。第2回が放送された同月23日には「アンサングシンデレラ石原さとみみたいな薬剤師実際にいたら一緒に働いてたらイライラするだろうな」。また、同月30日には「石原さとみは好きだけど主人公の暴走ぶりにイライラするから、今夜まで見て切るか決める。ストレスがハンパない」と、ずいぶんとおかんむりのツイートも噴出していたほどだったのだ。

これら、石原さんに「イライラ」してしまった理由だが、その理由で多かったものは、「薬剤師さんが患者にかかわりすぎててちょっと不自然?」といった、作中で石原さんが業務として行っていることが、病院薬剤師の仕事の範疇を超えているのではないかとするものが多い。ただ、これに加えて、

「石原さとみの強気な感じが滲み出てるからか、イライラする。石原さとみ可愛いけど演技は何見てもイライラする」

と、本人の個性に「イライラ」の原因があるのではないかとする声も多いのだ。石原さん本人にしてみれば、役柄が原因でイライラされるのは百歩譲って許せるかもしれないが、自身の個性が原因で「イライラ」されてしまうというのであれば、それこそ、本人にしてみれば「余計なお世話だ!」とも言いたくなるだろう。

過去の出演作でも...???

ただ、この手の声、実は、最近の石原さん主演の他のドラマでも上がっていたのだ。2019年7月期に放送された「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」(TBS系)でレストランオーナーの役で出演していた石原さんに対しては、「石原さとみの役、他の女優さんがやってもあんなイライラする感じなのかな?とふと思う」といった声が上がっていたほか、2018年7月期放送の「高嶺の花」(日本テレビ系)では、「石原さとみ可愛くて好きなんだけど、テンション高い時の演技イライラする」といった声が出たほどである。

さらに、2014年1月期放送の「失恋ショコラティエ」(フジテレビ系=嵐の松本潤さんとW主演)でも、「石原さとみのしゃべり方イライライライラ」との声が確認できる。思えば米国からの使者を演じた2016年公開の映画「シン・ゴジラ」でも、独特の存在感を披露していた。

つまり、誤解を恐れずに言えば、役柄に関係なく「イライラする」との声が上がっているとも言えるのだ。

しかし、である。石原さんは「イライラされ」つつも、ここ数年、毎年のようにドラマで主演を務めているのはもちろん、「アンサング・シンデレラ」では、第4話の視聴率が1話に続いて10%台に乗ったことが報じられるなど、その数字は好調。つまり、視聴者は「イライラする」と不満を述べつつも、石原さんのドラマを「見て」いるのである。

「イライラする」というのは言い換えれば、視聴者の意表に出るような行動を取る、いわば「一筋縄ではいかない」キャラクターであるということだろう。石原さんの場合、そうしたクセの強いキャラを、しかもさまざまな役柄で演じ分け、かつなんだかんだで視聴者を引き付けているわけである。

そう考えると、石原さんに対する「イライラする」という声は、その女優としての演技力の表れであるのはもちろん、その強烈な「吸引力」の表れとさえいうことができるだろう。文句を言いつつも石原さんの出演作を見続けているあなたは、知らず知らずのうちにその術中にハマっているのかも――。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)