森永「大玉チョコボール」をこっそり食べるゲーム 金田一秀穂先生にバレたらダメよ

森永「大玉チョコボール」をこっそり食べるゲーム 金田一秀穂先生にバレたらダメよ

森永「大玉チョコボール」をこっそり食べるゲーム 金田一秀穂先生にバレたらダメよの画像

バレないようにチョコボールをどれだけ食べられる?

森永製菓(東京都港区)は、「大玉チョコボールをついつい食べたくなるゲーム」を、現在公式サイトで公開している。チョコボールのマスコットキャラクター「キョロちゃん」の日である2020年9月6日に合わせてリリースされたものだ。遠足を舞台に、児童役の俳優・遠藤憲一さんがプレイヤーとなって、先生役である言語学者の金田一秀穂さんにバレないようにどれだけ「大玉チョコボール」を食べられるかチャレンジする。

ボタンを押すたびに「カリカリッ」と音が

森永製菓は、今年で発売から3周年を迎える「大玉チョコボール」をもっとたくさんの人に食べてほしいとの思いで「ついつい食べたくなる」ゲームを作ったという。現在公開中の第1弾のゲームは「おやつは100万円まで!?かくれて食べようゲーム」だ。「チョコボール」ならではのワクワク感の詰まったゲームになっている。

プレイヤーは遠藤さん。金田一さんが前を向いている間に画面上の「食べる」ボタンを押す。押すたびに食べた分の金額が加算され、ゲームクリアの指標「100万円」を目指していく。時々後ろを振り返る金田一先生に見つからないよう、とにかくボタンを押しまくろう。ただ、振り返った瞬間に食べるボタンを押してしまうと激しく怒られ、ゲームオーバーだ。

J-CASTトレンドの記者も実際にプレイしてみたところ、隠れておやつを食べるスリリングな気持ちになった。ボタンを押すたびに「カリカリッ」とおいしそうな音が鳴るのも、何とも楽しい。

森永製菓の公式ユーチューブチャンネルでは、先生役としてゲームに出演している金田一さんが、実際にプレイする動画を公開している。

加えて、20年10月16日までに、抽選で1年分の「大玉チョコボール」が当たるキャンペーンも実施中だ。応募方法は、チョコボール公式ツイッターアカウントをフォローし、ゲームの結果をシェアする。

今後、ゲーム第2弾も公開予定とのことだ。