「あな番」の再来か 「私たちはどうかしている」怒涛の展開にファン騒然...W主演の「どっちか死ぬ」!?

「あな番」の再来か 「私たちはどうかしている」怒涛の展開にファン騒然...W主演の「どっちか死ぬ」!?

「あな番」の再来か 「私たちはどうかしている」怒涛の展開にファン騒然...W主演の「どっちか死ぬ」!?の画像

毎週水曜22時から放送されている女優・浜辺美波さん(20)と俳優・横浜流星さん(23)のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)が、「あの名作」ドラマに似ていると話題になっている。

「あなたの番です」風の演出がそこかしこに...

浜辺さん演じる七桜は幼いころ、横浜さん演じる椿の証言によって、母親が椿の父親・樹(鈴木伸之さん=27)殺害の容疑者となってしまったことを憎んでいる。そして15年後、椿と再会を果たすと、素性を隠したまま結婚し、事件の真相を探ろうとする。

今作では、2019年の大ヒットドラマ「あなたの番です」(同系)のスタッフが集結。そのためか、おどろおどろしい演出や効果音などに対して、視聴者から「不穏さにあな番みがあるw」「ちょいちょいあな番みたいなカメラアングルを感じる」「どこかあな番に似てるなぁって思ったらスタッフが同じだった......!」といった反応があがっていた。

2020年9月9日に放送された第5話では、七桜が実は樹の子どもであったこと、そして、椿と樹は血縁関係がないことが示唆された。さらに、樹殺害事件の真相をめぐって、七桜は当時事件現場で、樹と椿、さらに別の「何か」を見た記憶が掘り起こされる。

次回予告では、「第一部終幕」というテロップが」

本編終了後に放送された次回予告では、「第一部終幕」というテロップが流れ、燃え盛る家の中で、椿が倒れるシーンが映された。すると、この演出にまたも「あな番」ファンが反応し、ネット上では「第一部とかあな番みたいな感じ」「あなたの番ですも2期ドラマだった。制作一緒だから同じパターンか」といった声があがっている。

「あな番」は2クール連続で放送され、第一章では次々と殺人事件が起き、第二章はその事件の解決編となっていた。また、第一章では主演の原田知世さん(52)が死亡するという衝撃的な結末になっていたことから、今回の次回予告をめぐっては、「あな番みたく主要人物が死んで2幕に行くパターン?」「あな番の法則でいくと火事で主役どっちか死ぬんじゃない??」といった心配の声もあがっている。