突如トレンド1位の「ヘタリア」とは? 長年のヒット漫画「再始動」宣言にファンはソワソワ

突如トレンド1位の「ヘタリア」とは? 長年のヒット漫画「再始動」宣言にファンはソワソワ

突如トレンド1位の「ヘタリア」とは? 長年のヒット漫画「再始動」宣言にファンはソワソワの画像

作者の「公式」だとの表記があるツイッター・アカウントが突如登場したことで、2020年10月22日夜から人気ウェブ漫画「Axis powers ヘタリア(以下ヘタリア)」が大きな話題を呼んでいる。ウェブ連載の更新は約2年半止まっており、ファンは驚きともに喜びの声を発信している。

J-CASTニュースが23日、関係出版社に取材を行ったところ、22日に稼働を始めた「日丸屋秀和 公式」(@hima_kaz)アカウントは、作者本人のものであると明言した。

「再始動まで、あと...3」

22日夜の「公式」登場後、ツイッターのトレンド1位には約4時間にわたって「ヘタリア」が浮上した。このほかにも、「ヘタ再始動」やキャラクターを指す用語など、多数の関連ワードがトレンド入りを果たした。

「ヘタリア」とは、日丸屋秀和(ひまるやひでかず)さんによる国擬人化コメディ漫画。日丸屋さんの個人サイトに2006年から掲載されていたものが人気を博し、幻冬舎コミックスから単行本が出版されたほか、集英社のウェブマンガサイト「少年ジャンプ+」でも連載が行われた。このほか、アニメやミュージカルなど幅広いメディアミックス化も展開されている。

しかし漫画においては、「ジャンプ+」に2018年4月20日掲載された368話以降、更新が途絶えており、日丸屋さんの個人ブログ「ブログのような竹林prototype」もことし2月以降音沙汰がなかった。そんな中、突如現れた公式ツイッターアカウントの存在にファンは動揺を呟いた様子である。日丸屋さんは、

「再始動まで、あと...3」

とカウントダウンを行っており、なんらかの活動を再開するものとみられる。J-CASTニュースの23日の取材に対し、「ジャンプ+」を運営する集英社は、このアカウントについて「作家としての公式アカウントで間違いない」と回答した。

長年のヒット作品、その背景

ヘタリアは、主に近代史を中心に扱っており、国際関係を人間関係で表現し、史実やエスニックジョークを交えたコメディが人気を博した。主人公はイタリアで、ドイツと日本を交えた枢軸国を中心に物語が展開される。ファンの間では、これをきっかけに地理や世界史に興味を持てるようになったという声も多数寄せられている。

しかし「ヘタリア」はもともと個人サイトに不定期で公開されていた作品で、本編もオムニバス方式。インターネット上では、同作のキャラクターをもっと見たい人や、架空の展開を空想した人たちによる、ファンアート(二次創作作品)が投稿されるようになった。こうした二次創作を紙媒体にした「同人誌」も多数発行されている。「コミックマーケット」で用いられるジャンルコードを参照すると「ヘタリア」は、2009年冬から現在に至るまで独自のジャンルコードを用意されており、同人ジャンルとしても長年親しまれてきたことが分かる。

このような日丸屋さんの活動やファンの動きに加え、商業化が「ヘタリア」ブームをさらに盛り上げた。2008年からは商業単行本が発売され、09年から11年にかけてはインターネット上で断続的にアニメが配信された。

このような人気作品の「再始動」告知に、ファンからは驚きと喜びの声が広がった。また、何が始まるのかと推測も広がっている。

「再始動って何すんのかなー。連載?アニメ?」
「3日後は25日...10月25日は世界パスタデー......」
「ヘタリア公式の謎カウントダウン、再始動まであと3日なのか3ヶ月なのか3世紀後なのかわからんな」

J-CASTニュースが集英社に、このカウントダウンが何を意味するのかを尋ねたところ、現在は明らかにできない、とのことだった。