「ヘタリア」新作アニメ発表で「早バレ」また問題に 「無視が一番」「回すなよフォロワー!」

「ヘタリア」新作アニメ発表で「早バレ」また問題に 「無視が一番」「回すなよフォロワー!」

「ヘタリア」新作アニメ発表で「早バレ」また問題に 「無視が一番」「回すなよフォロワー!」の画像

フロンティアワークス(アニメイトグループ)は2020年10月25日、アニメ「ヘタリア World★Stars」(以下ヘタリア)を2021年春から公開すると発表した。しかしインターネット上では22日ごろから、これらの情報が漏洩しており、改めて「早バレ」への警鐘を鳴らす声が相次いでいる。

「これまでと変わらない面白さと、緩さ」

同名の原作は、既刊4巻累計50万部を突破した日丸屋秀和さんによる国擬人化コメディ漫画。個人サイトでの掲載から始まり、現在は、集英社のウェブマンガサイト「少年ジャンプ+」で連載されている(ただし更新は2018年4月で止まっている)。国際関係を人間関係で表現したことや、史実やエスニックジョークを交えたコメディが人気を博している。

10月25日、新作アニメの情報とティザービジュアルが公開された。ヘタリアは2009年から11年にかけても、インターネット上で断続的にアニメが配信されており、フロンティアワークスは発表で、

「これまでと変わらない面白さと、緩さをお届けします。続報をお楽しみに!」

とコメントした。

新作のメインキャストは、過去シリーズから続投され、イタリア役を浪川大輔さん、ドイツ役を安元洋貴さん、日本役を高橋広樹さんが務めることなどが発表されている。アニメーション制作はスタジオディーンが行う。

さらに日丸屋さんの公式アカウントによれば、「ジャンプSQ.2月号(2021年1月4日発売予定)から○○○○をテーマに新連載もスタート」するという。

SNSでも大きな話題となっている今回の発表だが、同時にファンの間で改めて注目を集めているのが、一部での「早バレ」だ。インターネット上では22日ごろから、今回発表された新情報が出回っていた。ファンからはアニメ化への歓喜とともに、「ヘタリアはアニメするってどっかで早バレしてたから『ですよね』ってなった」、「早バレ知ってたから感動はないけどありがとうヘタリア」という声も上がっている。

ファンからは「早バレ」拡散を控える動きも

掲示板サイトやSNS上では公式の情報解禁よりも前に、ティザービジュアルや、キャスト情報、アニメ開始時期などが記載された雑誌の紙面のような画像が掲載されていた。このような情報漏洩行為は「早バレ」と呼ばれている。

ツイッター上のファンの間では、「早バレ」の拡散を控えるように呼び掛けるアカウントも見られた。

「早バレ拡散マジでやめような 無視が一番」
「どこ情報かわからんヘタリアの某情報、早バレくさいのでRTしちゃアカンやつでしてよ、同志諸君」
「ヘタリアのなんか新情報の画像は早バレ(非公式の情報漏洩、犯罪行為)だから回すなよフォロワー!!!!今日は木曜日(早バレが多い日)だぞ!!!!!!!!」

こうした「早バレ」は過去にも何度も問題となっており、多くの雑誌では、記事を撮影・スキャンしてネットなどに掲載する行為を禁じている。発売日前・後を問わず、記事を無許可転載する行為は著作権法違反になり、侵害行為の差し止めや刑事罰の対象となりえる。